ゆたぼんはクラファンの返金すべき?詐欺?著名活動後に返金される可能性とは

少年革命家ゆたぼんですが、「ゆたぼんスタディ号で日本一周して日本中の人に元気と勇気を届けたい!」との名目でCAMPFIREにて総額4,872,111円を支援してもらいました。

ただ、日本一周旅行の内容が当初の目的と異なっており、支援者から批判の声や返金に向けた著名活動が行われています。

ゆたぼんはクラファンの返金すべき?

(出典:CAMPFIRE

単刀直入に言うと活動内容がこのままだと返金はすべきですが、気持ちを改めて本来の目的に沿って活動すれば返金はしなくても良いと考えます。

不登校youtuberのゆたぼんさんですが、2022年6月30日より全国を回り日本中にいる不登校の子どもたちを勇気づける目的で活動しています。

支援金は当初予定の380万円を超えて、480万円近く集まったことからも内容に共感して支援した方が多くいたことがわかりますね。

ただ、実際に旅が始まると目的の不登校の子どもとのやりとりを上げた動画が少なく、観光内容が多かったり、見知らぬ人への乞食行為やゲームセンターへ行ったり、回転寿司で迷惑行為をしたりと本来の意図とはズレた活動をしていることが原因で批判が多く集まっています。

「わぁ~!」と変顔をした後に、注文した寿司が届くとすぐさま手にとって犬食いをしています。

指先を舐めながら食べると、指を洗うことなくタッチパネルで追加注文していますね。

このかっぱ寿司での不適切態度な動画に対して「汚い」「不衛生すぎる」「行儀が悪い」など話題になり、本人も反省しているようです。

(出典:Twitter

そもれもお店の許可なく勝手に動画を撮影しアップしていたようです。

そのため、支援者から全額返金の声が挙がり著名活動まで行われています。
8月21日現在、3800名ほどの方が賛同しており、5,000名に到達することでメディアに取り上げられ、今回の騒動が表立って取り上げられることでしょう。

著名活動はこちらのページで行われています。

8月21日現在、関東地方と北陸・東海地方を制覇してこれから東北地方の旅が始まるとのことです。

全国を車で移動するため、当初3〜4ヶ月かかると言っていましたが、終了は2022年11月ごろでしょうか。

今後の動向が気になります。

クラファンの返金は可能?

当初の目的とズレた投稿から全額返金を訴える方が増えてきていますが、そもそもクラファンで返金は可能なのでしょうか。

今回利用したCAMPFIREですが利用規約に下記記載があるため返金は難しいそうです。

第18条(プロジェクトに関するトラブル)

1項:プロジェクト活動進行中に発生する支援契約当事者間でのトラブル、返金要求、その他紛争については、支援契約の当事者であるプロジェクトオーナーと支援者との間で解決すべき問題であり、CAMPFIREおよび第8条に記載するサービス提供会社はこれに関して一切責任を負いません。

第33条(免責)

2項:本サービスに関連して、プロジェクトオーナーと支援者の間を含む、ユーザー同士の間で生じたトラブルに関しては、ユーザーの責任において処理および解決するものとし、CAMPFIREはかかる事項について一切責任を負わないものとします。

(出典:CAMPFIRE)

コミュニティオーナー(ゆたぼん)へ直接連絡をとって返金の依頼をするしかなさそうですね。

また、2022年8月14日に支援者とのトラブルがあったこともわかっています。

支援者は金額によってリターン特典を受け取れるのですが、8万円で日本一周中にお店や会社などに直接ゆたぼんが伺いYouTubeチャンネルで紹介してもらえる特典があります。

8万円支援したA氏は、住所を変更により会うための日程調整ができなくなってしまったことを話したようです。
ゆたぼん側から「返金する」と連絡を受けたのですが、A氏自身はゆたぼんに普通の子と変わらない夏休みを味わってもらいたくて出資したので返金以外の方法で対応してもらいたいと返事をしたとのことです。

最終的にA氏は返金の対応を受けたようですが、A氏が新しい住所を伝えるのに時間がかかっていたことなどから、アンチと見なされてしまったようです。

返金対応を行う姿勢は良いかと思いますが、出資してくれたファンに対してアンチ発言は止めて欲しいですよね。

著名活動が目標の5,000人を超えるのも時間の問題かと思いますので表面化され、全額返金の流れになるかもしれませんね。

そもそもなぜゆたぼんは日本一周しようと思ったのか?

不登校youtuberのゆたぼんさんですが、これまで不登校の子たちを集めたイベント(お泊まりチャンプル交流会、トークライブなど)を行なってきましたが、普段はYoutubeやラジオなど一方的に話をしていることが多いです。

企画自体は株式会社理鉄の原友美さんが提案してくれたようですが、ゆたぼんの中でもオンラインではなく、直接自分で会って、話してパワーを届けたい気持ちが強かったことから実行に向けて進んでいきました。

今回の旅では不登校の子、苦しんでる人(大人含め)と話し、勇気づけることを目的としていますが、具体的には日本全国にある不登校の施設やフリースクールなどへの訪問を考えていると話しています。

また、旅はスタディ号(軽トラ)という車で行うことにしており、旅先での活動をYoutube等で発信しています。

クラファンの支援金は適正だったのか?

当初380万円を予定していた支援総額ですが、実際は487万円ほど集まりました。

実際のところこちらの金額も適正なのでしょうか。
リターン特典を差し引いた内訳としては下記を話していました。

■ 車両購入費
■ 車両改装費
■ 日本一周の期間中の活動費用
■ リターン経費、送料
■ CAMPFIRE手数料

スタディ号ですが「マツダボンゴトラック ワイドロー」と思われます。
中古車で探すと178万円で出てきたのですが、ゆたぼんの動画を見ると荷台が錆びていたりと状態が悪いので150万円ほどではないでしょうか。

(出典:Kuru Town

改装費自体も50〜100万円はかかると思われるので、スタディ号だけでも200万円以上かかっていそうです。

また、車で全国一周するのにガソリン代や食費、入浴費、宿泊費(基本車中泊)などで50万円ほどかかるとの情報がありました。

CAMPFIRE手数料が総額の10%かかるので約50万円と考えると、ここまでで300万円ほどになります。

旅行先でのアクティビティ費用などもありますので、当初予定していた380万円は過剰な金額ではないと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。