MENU

ウォーターサーバーの裏事情(闇)とは?ずっと無料は嘘?結局向いている人とは

※当サイトはプロモーションが含まれています。

ウォーターサーバーですがさまざまな声が上がっているようです。

今回はそんな声を調査しました。

目次
スポンサーリンク

ウォーターサーバーが「無駄遣い」との声はなぜ?

ウォーターサーバーは、いつでも冷たい水やお湯をすぐ使うことが出来て便利ですが、無駄遣いであるとの声も一定数あるようです。
なぜ無駄遣いと捉えられることがあるのか、その理由を調査し、大きく4つにまとめました。

①ランニングコストがかかる

ウォーターサーバーを利用するには、水そのものの購入代金や水の配送料金のほかに、サーバーのレンタル費や本体の代金、電気代、メンテナンス費用など、様々なランニングコストが掛かります。
電気代やメンテナンス費については見落としやすいため、導入の際にはしっかりと確認しましょう。

スポンサーリンク

②水のボトル交換に手間がかかる

ウォーターサーバーを利用した方の多くが感じていた事として、水ボトルが重く、交換が大変になったり面倒になってしまうということが挙げられています。
一般的なウォーターサーバーのボトル1本当たりの容量は7~13L程度のものが多く、交換の際には7~13Kg以上のボトルを運んだり持ち上げる事になるため、交換することが負担になってしまうケースが多数あり、その負担を加味して無駄だと感じる方も多いようです。

最近はボトルがないタイプも出てきているのでそちらを選ぶと

③水を使いきれず溜まっていってしまう

一人暮らしの方などに多い理由として、水を使い切るのに時間がかかり、定期配達までに使い切れずに、水が溜まって行ってしまうことがあるようです。
前述のように、ボトル1本あたりの容量は7L~13L程度が一般的ですが、月々に購入する水の量に下限が設定されているメーカーがあり、最低でも月に2本購入しなくてはならないといった条件が課されていることも多いため、このようなことが起こりやすくなっているようです。
水が溜まっていってしまうと場所を取ってしまう上、使い切れていなくても毎月同じように購入代金を支払うことになり、結果的に無駄遣いになってしまいます。

④ペットボトルの水を買う方が安価な場合が多い

必要になる費用を重視する場合、1Lあたりの水の値段は、スーパーなどでペットボトルの水を買った方が安価なことがほとんどです。
重い水を自宅まで配達してもらえるというメリットを加味しても、ネットでペットボトルの水をケースで購入した方が安価であり、わざわざウォーターサーバーとその水を購入するのは無駄だと感じる声が多数見られます。

以上のような理由から、ウォーターサーバーは無駄遣いであると感じる声は多数あり、また水道水を飲用することやペットボトルの水を買うことに抵抗のない方は、より無駄であると感じる方が多いようです。

スポンサーリンク

ウォーターサーバーが無料で導入できるとの営業はなぜ?裏事情・闇について

ショッピングセンターなどで、ウォーターサーバーを無料で導入出来るという触れ込みで販売促進を行っている光景を見かけますが、これはどのようなカラクリなのでしょうか。
一般的に、ウォーターサーバーの導入は、サーバーを購入もしくはレンタルして水を定期購入する形になります。
無料で導入出来るという触れ込みの場合、主に月々のレンタル費が無料になったり、本体代金が無料になるという契約になります。

本来、月々のレンタル費や本体代金がメーカーの収益になるのですが、無料導入の場合はそれらを無料にする代わりに、毎月の水の購入ノルマが設定されて、最低でもボトル2本分を購入することが必須になっていたり、水の価格が高く設定されていることが多いのです。

さらに、携帯電話のように契約に2年ごとなどの縛りがあるケースも見られ、その期間内に解約する場合に多額の解約金や手数料が必要となった人もいるようです。
このように、本体にかかる費用を無料にする代わりに、水自体の代金や解約金といった他の部分の費用でメーカーに利益が出るようになっているのです。

スポンサーリンク

ウォーターサーバーの良い口コミ

様々な意見がありますが、実際にウォーターサーバーを導入した方の良い口コミをまとめました。

冷水や温水やすぐに使えて便利

ウォーターサーバーがあれば、暑い日でもすぐに冷水が使用でき、ポットなどで沸かす手間なくドリンクに丁度よい温水も使えます。
手軽に冷水やコーヒーなどを飲めますし、カップラーメンに使ったり、赤ちゃんのミルク を作ることもできるため、時短で便利という声が多くありました。
仕事や育児で忙しくても、手軽に使えるのがウォーターサーバーの大きなメリットです。

美味しい水がいつでも飲める

ウォーターサーバーの水は天然水を使用していたり、水道水を浄水するタイプのもので あったりと、おいしい水がいつでも飲めるようになっています。
普段の水分補給だけでなく、この水を使ってドリンクや料理を作れば、手軽によりおいし いものが作れます。

ゴミを減らすことが出来る

ウォーターサーバーを利用すれば、同じ量のペットボトルの水を買うよりもゴミを減らすことができます。
環境への配慮にもなりますし、ペットボトルの分別やゴミ出しの手間も減らすことが出来るため、忙しい方や環境への影響を減らしたい方にも最適です。

スポンサーリンク

ウォーターサーバーはどんな人に向いている?

ここまでの情報も踏まえ次のような方にウォーターサーバーは向いていると言えるでしょう。

時間を節約したい方、忙しい方

水を冷やしたりお湯を沸かさなくても、すぐに冷水と温水が使えるため、日常生活で少しでも時短して時間を節約したい方や忙しくあまり時間のない方にはウォーターサーバーが向いています。

子育て中の方

ウォーターサーバーがあれば、お湯を沸かす手間なく赤ちゃんのミルクや離乳食作りに使えるお湯がすぐに使えるため、子育て中の方には最適です。時間や手間を省くだけではなく、自宅まで水が配達されるため、子連れでの買い出しの負担も減らすことができます。

水の消費量が多い方

大家族やこまめに水分補給をする習慣がある方など、水を多く消費する方にもウォーターサーバーがおすすめです。
手軽においしい水を飲むことができる上、大容量の水が定期的に自宅に届くので、水を買い足す必要もなく、ゴミを減らすこともできます。

ドリンクや料理を簡単に美味しくしたい方

ウォーターサーバーの水は、様々な天然水やミネラルウォーターが使われており、日本人の口に合う軟水が使われています。
いつもの料理やドリンクも、ウォーターサーバーの水を使うだけでより美味しさが引き立ちます。

ウォーターサーバーは、以上のような向いている人が使えば生活が便利になります。
自分の生活スタイルや習慣を考慮して導入を検討すると良いですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次