MENU

トーヨータイヤなぜ安い?やばいし最悪?3つの安さの秘密を紹介!実際に利用した口コミも紹介

※当サイトはプロモーションが含まれています。

トーヨータイヤですが安さの秘密が気になったので調査しました。

目次
スポンサーリンク

トーヨータイヤが安い理由

トーヨータイヤが安い理由をまとめました。

1.安価に販売する戦略を掲げているため
2.世界各地での製造により、コストダウンにつなげているため
3.価格競争により販売価格を下げているため

安い理由1:安価に販売する戦略を掲げているため

まず1つ目は、安価に販売する戦略を掲げているためです。
安く販売するために、コスト削減して開発しています。
原価を安くすることで安全性・機能性に問題があるのではないかと不安になりますよね。

しかし、トーヨータイヤはJATMA(一般社団法人日本自動車タイヤ協会)の会員です。
協会の基準を満たした上で、販売されているので安全性や機能性も怠っていません。
ただ安いというだけのトーヨータイヤではなく、コストパフォーマンスに優れている事が分かりますね。

スポンサーリンク

安い理由2:世界各地での製造により、コストダウンにつなげているため

2つ目は、製造しているのは日本だけではないということです。
日本以外に、アメリカ・中国・マレーシア・セルビアの5カ国を製造拠点としています。
アメリカでは、すでにキャパシティは埋まっており、中国・マレーシアで出荷をしていましたが、船便の輸送コストや関税でコストを使っていました。

そこで誕生したセルビアは、タイヤの町と言われています。
トーヨータイヤは欧州に工場を開設することで、ビジネスをスピーディに展開するためセルビアを選びました。
マレーシアからの輸出と比較した場合、セルビアの方が約30%のコストを削減することに成功。
最短4か月かかっていた製品提供が、最短1週間と大幅に短縮することにもつながりました。
タイヤ製造をグローバル化することで、最終的に価格を下げて提供することが可能となります。

安い理由3:価格競争により販売価格を下げているため

最後に、安くしないと売れないという事が言えます。
タイヤと言えば「ブリジストン」「ヨコハマ」がトップレベルというイメージがありますよね。
価格も高く、機能性や口コミもいいので好印象です。
また、CMでもよく見かけるのでブランド力が高いと言えます。
それに比べて、トーヨータイヤは「ブリジストン」「ヨコハマ」に比べると二流の位置。
つまり、ブランド力では勝てないのです。
価格競争に勝つ作戦で、他のタイヤメーカーよりできるだけ安く提供するような起業努力によって生まれる価格といえるでしょう。

スポンサーリンク

トーヨータイヤの悪い口コミ

トーヨータイヤの悪い口コミをまとめました。

・ロードノイズがうるさい
・そこそこの雨のときは、他のタイヤより滑る気がした
・重くて硬いので、発車時に進まないと感じた

タイヤの音が純正のタイヤよりうるさいと感じる人が多かったです。
慣れれば問題ないという声もありますが、静寂性は低いかもしれません。

ドライタイプの道路は気にならなかったそうですが、雨の日に走ると少し滑るのが気になった人もいました。
雨の日のブレーキや発進時に気になるのが滑り具合です。
慣れるまでは、運転に少し抵抗があるかもしれないですね。

タイヤが硬く発車時は遅い・重いと感じた人もいました。
走り出したら気にならないそうですが、神経質な人には向かないかもしれませんね。

スポンサーリンク

トーヨータイヤの良い口コミ

トーヨータイヤの良い口コミをまとめました。

・ノイズは全く気にならず、よく転がるし最高にいい
・価格も比較的安くてよかった
・重いけど、かっこいい

ノイズは、うるさく感じる人や気にならない人に分かれました。
ハイブリットエンジンだと、ほぼエンジン音がしなくなるのでタイヤのノイズが気になる傾向にあります。
車の種類によっては、タイヤのノイズが気になる人に差が出そうですね。

マツダの純正タイヤに使用されているということで購入した人は、価格も比較的安く収まって満足したそうです。
価格が安いだけでなく、滑りもいいためコストパフォーマンスに優れていると言えます。

タイヤの見た目にもこだわっている人がいますよね。
滑る・重い・音が気になるという声もありますが「かっこいいから良い!」と購入を決意された方も見られました。
トーヨータイヤは、機能性や価格だけでなく見た目も満足できるタイヤと言えます。

スポンサーリンク

トーヨータイヤをより安く購入するコツ

トーヨータイヤをもっと安く購入する方法は、ネット購入です。
実店舗で購入するより、安く購入することができます。
ネットのほうが安くなるのは、土地費や人件費、広告代がないため。

実店舗も、時期によってはキャンペーンで安くなっている場合があるのが難しいところです。
しかし、タイミングによって価格の差があるからといって、見て回るのは大変ですよね。
手っ取り早く、安く購入できると考えるとネットが一番お得となります。

ここで注意しておきたいのは、交換の際はお店に持って行く必要がある点です。
工賃がかかりますが、ネットで購入して交換してもらう方が結果安く済みます。

しかもネットなら、種類が豊富にあるためゆっくり見る事ができ、営業時間なども関係ないので、好きなタイミングで選ぶことができます。
デメリットは、実際に手に取って確認できないくらいですね。
しっかり口コミなどレビューを参考にして購入しましょう。

トーヨータイヤはどんな人に向いている?

トーヨータイヤは、出来るだけ安くタイヤを購入したい人におすすめです。
聞いたことのない激安メーカーより、ある程度名の知れた国産タイヤがいいという人には最適なメーカー。
スタッドレスは賛否両論ありますが、ドライロードでは満足した声が多かったです。
価格が安いだけでなく、見た目がかっこ良いタイヤも揃っています。
安心して走れることが一番ですので、ただ安いというよりも機能性や見た目など、コスパが良いものを選ぶようにしましょう。

ファンケルタイヤも検討されている方はこちらも記事も参考になるかと思います。

あわせて読みたい
ファルケンタイヤがうるさい?安い理由3つとは?評判が良く、リピーターが多いブランドの一つ! 今回はファルケンタイヤが安い理由や評判について調査しました。 https://twitter.com/AO_zc6/status/1530701547742474241?s=20 【ファルケンタイヤが安い理由】 https:...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次