MENU

東京観光専門学校がやばい口コミも?学費を高い?進学実績やサポート体制など徹底調査

※当サイトはプロモーションが含まれています。

1967年に創立された「東京観光専門学校」。

さまざまな学科とコースがあり、ホンモノの施設で、現場で使えるノウハウを学ぶことができ、就職率も非常に高い学校ですが一部で「やばい」などの噂があるようです。

今回はそんな東京観光専門学校について調査しました。

目次
スポンサーリンク

東京観光専門学校はどんな学校?偏差値は?

東京観光専門学校は1967年に創立された、長い歴史と実績を誇る観光サービス業界の専門学校です。

多くの卒業生が、業界の第一線で活躍しています。

東京観光専門学校では、ホンモノの施設で、現場で使えるノウハウを学び、“お客様のことを第一に考えるプロフェッショナル精神”を持つ人材を輩出していきます。

この専門学校は、入学するための学科試験がありませんので、偏差値はありません。

偏差値にとらわれず、将来専門的分野で活躍できる人を育てる学校です。

スポンサーリンク

東京観光専門学校が「やばい」との声はなぜ?

東京観光専門学校を検索すると、「やばい」というワードがでてきます。

一体なぜなのでしょうか。

口コミを見てみると、東京観光専門学校の学費を高いと感じている生徒が多いようです。

東京観光専門学校では、学費が年間約150万円ほどかかります。

確かに、「やばい」金額ですよね。

一般家庭からすると、簡単に出せる金額ではありません。

しかし、東京観光専門学校では、普通の学校にはない充実した本物の施設と、カリキュラムがあります。

そのおかげで、就職内定率は非常に高い学校です。

学費は高いかもしれませんが、自分の夢に確実に近づけるのであれば、むしろコスパはいいのではないでしょうか。

在校生たちの意見を見ても、学校への満足度は非常に高くなっています。

カリキュラムの中で資格も取りやすく、将来必ず役に立つ勉強ができるので、学校の授業に無駄がありません。

先生方も大変熱心で、親身になって進路指導をしてくれます。

そういう手厚さもありますので、お金を払う価値がある魅力的な学校といえるでしょう。

また、どうしても払うのが厳しいという場合は、奨学金制度や、総合型選抜特特生を目指し、授業料の免除を狙うという手もあります。

特特生として合格すれば、なんと1年次の授業料の全額を免除してもらえる場合もあります。

経済的に苦しい家庭の生徒が、夢をあきらめないでいいような制度もしっかりと用意されているのは、大変ありがたいことですよね。

とにかく夢を応援してくれる魅力的な学校といえるでしょう。

スポンサーリンク

東京観光専門学校の強み1:ホンモノの施設で学べる

東京観光専門学校は、とにかく学習環境が充実し、大変優れています。

学内にある本物の旅行会社「東京グリーントラベル」をはじめ、豪華ホテルのツインルームをイメージしたホテル客室実習室、本物の教会さながらのチャペル実習室、100人の収容数を誇る宴会場を持つレストラン実習室など、なんとすべてが本物の施設です。

学校とは思えない本格的な施設・設備が揃っており、そんな環境で学べるなんてとても贅沢ですよね。

東京観光専門学校の生徒たちは、これらの施設を利用して実習を行い、実体験を通して仕事のノウハウを確実に習得していきます。

またプロの講師の丁寧な指導と就職活動のバックアップも受けることができ、これが業界トップクラスの企業への就職へとつながります。

これが、就職の際に、希望の職種・業界トップクラスの企業に数多く内定が決まる秘訣なのでしょう。

(出典:東京観光専門学校)
スポンサーリンク

東京観光専門学校の強み2:将来の夢が叶えられる

将来観光業界への就職を希望していて、東京観光専門学校に入学すれば、確実に夢に近づくことができます。

将来の夢があっても、どう行動していいのかなかなかわからない生徒はたくさんいるはずです。

東京観光専門学校では、何から始めて何をすればよいのかを、講師陣が先導役となって、徹底指導してくれる体制があります。

講師陣は、業界出身の経験豊富な講師と、就職に特化したキャリアサポート担当の講師で構成されており、生徒へのダブルサポートを行います。

心強い講師陣が、生徒それぞれに必要な知識、対策をアドバイスしてくれます。

また、東京観光専門学校には、業界との太いパイプとネットワークがありますので、目指す業界の求人情報をいち早く入手することができます。

業界の第一線で活躍する卒業生も数多くいますので、先輩たちのデータをもとに対策することも可能です。

このように、この学校には、将来の夢に近づくための対策がたくさん用意されているのです。

東京観光専門学校を卒業した有名人・芸能人

東京観光専門学校出身の有名人には、お笑い芸人の堀内健さん(ネプチューン)、グラビアアイドルの工藤美里さんがいます。

他にも、卒業生はたちはブライダル、ホテル、旅行、鉄道、エアライン、レストラン、カフェ、語学、観光などのさまざまな分野の第一線で活躍しています。

東京観光専門学校の学費

東京観光専門学校の学費は下記の通りです。

1年次

学科全学科共通
修業年限2年
内訳入学金150,000円
授業料900,000円
分納金
前期 450,000円
後期 450,000円
教育充実費120,000円
施設費190,000円
校友会費3,000円
学生傷害保険料 2,000円
納入金額合計1,365,000円
分納金
前期 915,000円
後期 450,000円
(引用:東京観光専門学校)
スポンサーリンク

2年次

学科全学科共通
修業年限2年
内訳入学金
授業料1,092,000円
分納金
前期 546,000円
後期 546,000円
教育充実費120,000円
施設費190,000円
卒業アルバム制作費10,000円
学生傷害保険料 2,000円
納入金額合計1,414,000円
分納金
前期 858,000円
後期 556,000円
※卒業アルバム制作費含む
(引用:東京観光専門学校)


上記の他、「教科書代」や「教材費」が必要となります。(各学科・専攻によって異なります)
また、自由選択学科(ゼミナール)、補習等で別途受講料が必要な場合があります。

東京観光専門学校の進学実績やサポート体制

(出典:東京観光専門学校)

東京観光専門学校では、業界出身の講師陣が就職活動をサポートしてくれます。

就職情報センターでは、最新の求人情報のほか、観光サービス業界の各種情報、卒業生の資料などが充実しており、いつでも閲覧が可能です。

マンツーマンでの相談もいつでも受け付けてくれます。

その成果もあり、東京観光専門学校の就職希望者内定率は、なんと99.3%でした。(2022年3月卒業生)

希望者のほぼ全員が就職内定したというのは、大変すばらしいことです。

このような圧倒的な就職実績によって、学校側と観光サービス業界には、協力なパイプが築かれています。

(出典:東京観光専門学校)
(出典:東京観光専門学校)

東京観光専門学校の部活動の種類

東京観光専門学校の部活動については、残念ながら情報がありません。

専門学校ですので、部活動は行なわれていないのかもしれません。

今後、引き続き調査していきたいと思います。

東京観光専門学校の文化祭とは

東京観光専門学校では、毎年11月に学園祭が行なわれています。

この学校では、教室で学ぶだけでなく、学科の枠を超えたイベントが大変多くあります。

またその中でも特に盛り上がるのが学園祭でしょう。

普段かかわりのない他の学科の生徒とも交流が深まるイベントですので、生徒たちからも大変好評で、皆が楽しみにしている行事の一つです。

かけがえのない友達と出会いながら、楽しくてワクワクするキャンパスライフを楽しめる学校なのです。

東京観光専門学校のいじめ対策とは

東京観光専門学校では、いじめの話はほとんど出ていません。

それぞれ将来の夢があり、その実現のために入学した生徒ばかりですので、日々の生活が充実しており、いじめなどは発生しにくい環境だからです。

しかし、そうはいってもいじめが全くないという学校はありません。

この学校でもいじめが発生する可能性はありますので、その場合は、講師陣がすぐに対応するようになっています。

日頃から生徒との距離が近く、親身になってくれる講師ばかりですので、生徒たちも相談しやすい環境にあるのはまちがいありません。

東京観光専門学校はどんな人に向いている?

東京観光専門学校は、観光業界の第一線で活躍できる人材を育てる学校です。

本格的な施設・設備を利用して実習を行い、仕事のノウハウを習得することができます。

プロの講師の丁寧な指導のもと、希望の職種・業界トップクラスの企業に就職したいという人におすすめの学校です。

東京観光専門学校の基本情報

学校名:東京観光専門学校
校長:千葉 敦
所在地:162-0843 東京都新宿区市谷田町3-21
電話番号:0120-67-6006
設立年:1967年
学科・コース:ホテル学科 / 旅行学科 / デジタルコミュニケーション学科 / 鉄道サービス学科 / エアライン学科 / ブライダル学科 / フードクリエイト学科 / 葬祭ディレクター学科 / 観光ビジネス学科 / グローバル語学学科 / 韓国語学科
募集定員:750名
公式URL:https://www.tit.ac.jp/
※2023年時点の情報になります。

東京観光専門学校のアクセス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次