MENU

令和の虎の持ち逃げがひどい?偉そうで嫌い?社長が大したことないは嘘!

※当サイトはプロモーションが含まれています。

「令和の虎」は、2023年8月現在、YouTubeで登録者数約87万人を誇る、人気チャンネルです。

新たなビジネスアイデアや起業家を応援するコンセプトのもと、若手起業家が自身の事業プランをプレゼンし、投資を得ることを目指す番組です。

有名実業家が審査員として登場し、才能ある起業家のビジョンを評価し、支援を行います。

社会的なインパクトやビジネスの成長ポテンシャルなどが評価の対象となり、視聴者にも大きな影響を与えています。

目次
スポンサーリンク

令和の虎の持ち逃げがひどい?

「令和の虎」の関連検索には、「持ち逃げ」や「ひどい」というワードが見られます。

背景には、番組内で起きた特定の出来事が影響していますのでこちらで一部紹介させていただきます。

持ち逃げとは

番組内で一部の起業家が投資を受けた後に事業を放棄し、投資資金を横領した事例が報道されたためです。

本件は一部の参加者が、信頼を裏切った行為として取りざたされ、一般的には「持ち逃げ」問題として広く知られています。

この問題から、番組の審査基準や起業家の選定プロセスの重要性が再評価されており、事業の信頼性や起業家の意向を適切に評価する仕組みの必要性が浮き彫りになりました。

スポンサーリンク

ひどい、嫌いって声も?

「ひどい志願者」というフレーズが検索結果に見られます。

これは番組に出演した志願者の中に、攻撃的な態度や問題行動を示す人物がいたためです。

これらの志願者は審査員と対立し、時には不適切な態度や言動を見せることがありました。

このような出来事が視聴者の中で議論を引き起こし、番組の雰囲気を悪化させる要因となった可能性があります。

ただし、これは一部の個別事例にすぎず、真摯な姿勢でビジネスプランをプレゼンし、審査員の共感を得るケースも多く見受けられます。

結局、これらの出来事は番組の性質上避けられない側面でもある一方で多くの若手起業家が成功への道を歩む様子を描いた結果ともいえます。

番組が持つ多様性や挑戦の過程を通じて、視聴者には起業のリアリティと可能性を伝える役割を果たしています。

スポンサーリンク

令和の虎の社長は大したことない?

「令和の虎」の関連検索には、「社長 大したことない」というワードが検索されていますが、過去に実業で成功された方が出演しています。

実際にどんな実績をお持ちなのでしょうか。

ここでは番組へのの出演が多い、2名を紹介させていただきます。

林尚弘

林社長といえば「武田塾」の元塾長で、株式会社A.verの元代表取締役です。

その当時、革新的だった、「日本初!授業をしない塾」をスローガンとして掲げ、爆発的に生徒が増加しました

2013年にはフランチャイズ化し、2023年現在では400校を超える人気校になっています。

岩井良明

岩井社長は「令和の虎」の主宰者で、「令和の虎」の前身である「マネーの虎」でも出資側を務めていました。

また、ご自身でも事業をされており、教育事業会社「株式会社 MONOLITH Japan」代表取締役社長でもあります。

スポンサーリンク

令和の虎の魅力とは

「令和の虎」の魅力を一言で言うと、熱意ある若手起業家たちが集い、新たなビジネスアイデアが動き出す過程が見られる点です。

実績のある実業家が審査員として登場し、彼らの鋭い洞察力や経験をもとに、志願者のプレゼンテーションを評価する中で、アイデアが現実的なビジネスチャンスへと進化するプロセスが垣間見えます。

プレゼンが見事認められ、その後の事業につながる過程も、もちろん魅力的ですが、本番組は失敗からも学ぶ姿勢を大切にしています。

この姿勢は視聴者に、失敗を恐れずに挑戦し、改善する重要性を訴えています。

視聴者は成功だけでなく、失敗を通じての成長と学びを目の当たりにし、自身のビジネスにも活かすインスピレーションを受けることができます。

こうしたリアルなビジネス課題への真正面からの向き合い方が、番組の魅力を形成しています。

スポンサーリンク

令和の虎はどんな人に向いている?

「令和の虎」は、起業家やビジネス志向の人々に是非見ていただきたい番組です。

本番組では、以下5つのスキルについて学ぶことができます。

1.ビジネスプレゼンテーションのスキル
2.ビジネス戦略の構築スキル
3.リーダーシップとチームワーク力
4.市場トレンドとニーズの把握力
5.成功と失敗の実例

経験と挑戦が結集する「令和の虎」。

新たなビジネスの可能性、未来を是非ご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次