MENU

日生学園が頭おかしい?やばい?宗教っぽい?どんな人が行くのか調査

※当サイトはプロモーションが含まれています。

スパルタ教育との噂もある日生学園。

今回はそんな日生学園の評判について調査しました。

目次
スポンサーリンク

日生学園(学校法人日生学園)とは

日生学園(学校法人日生学園)は、三重県津市白山町に本部を置き、1965年12月13日に認可された学校法人です。

日生学園は系列学校が存在しており、1966年に日生学園第一高等学校(現在・桜丘高等学校)が開校し、その後1980年には日生学園第二高等学校(現在・青山高等学校)が開校しています。

1982年に日生学園附属中学校(現在・桜丘中学校)と、付属幼稚園(現在、休園中)が開校しました。

1983年には、日生学園第三高等学校(現在・自由が丘高等学校)が開校しています。

日生学園第二高等学校は全寮制の学校であり、日生の日は「太陽」、生は「生きる」ということで「太陽のように生きる人を育てる」との思いから、日の精神を生きる日生学園と定めています。

スポンサーリンク

日生学園が「頭おかしい」との声はなぜ?

日生学園が検索結果に「頭おかしい」とのワードがありました。

なぜそういった声が上がってしまうのか理由を調査しました。

軍隊式を取り入れていたため

https://twitter.com/TAC_SSD/status/1281175602901381121?s=20

日生学園では、軍国主義を彷彿させる徹底した統制を以て私欲を捨て去り公に尽くすという考え方があります。

1・2・3年生は混合で生活しているため、上下関係が常に付き纏い心休まる時間はありません。

1年生は上級生に服従しないといけなく、3年生に対して口答えすることは『死』に値するため3年生の言うことは絶対服従です。

上下関係は絶対で誰かがミスをすると連帯責任をさせられているため、『頭おかしい』と言われていると思われます。

何十年も前の話で、今はそのような教育は行われていないですが、高校生で上下関係が厳しいと逃げ出したくなりますね。

スポンサーリンク

厳しい決まりや校則があったため

https://twitter.com/inchandayo/status/1626204783257489409?s=20

スパルタ教育で有名だった日生学園は東海・関西圏で悪いことをした子供を怒る時には、「悪いことをしたら日生学園に入れる」ということが定番になるほど有名で、手に負えない子供を日生学園に入学させた家庭が多くありました。

日生学園の厳しい決まりは、起床時間が決まっており水曜日と休日の日曜日以外は早朝の4時に起床し、『心行』しんぎょうと言われる大声で足を大きく広げ一心不乱に床を磨く修行を行っていました。

授業が終わって寮に帰っても『心行』があり、その後約6Kmのマラソンを行っていました。

また、”素手でトイレ掃除”も伝統で、生徒らは雄叫びを上げながら頭を激しく揺さぶり素手で便器に手を入れてこびりついた汚物を綺麗にしていました。

その他、トイレ以外は机の範囲から出てはいけない、日生学園は下着の色まで決まっている、入学3日以内に校歌、応援歌、寮歌など10曲を丸暗記し大声で歌うなどの校則や決まりがあったため、『頭おかしい』と言われていると思われます。

しかし、これらの決まりや校則も昭和に行われていたことで現在は行われていません。

スポンサーリンク

日生学園の良い口コミ1:部活動に力を入れている

日生学園では、部活動の数も多く自分に合ったものを選ぶことができます。

全校生徒がクラブ活動に所属をして放課後に活動をしています。

1つの目標に向かって仲間達と共に練習に汗を流し、 高校3年間のクラブ活動の経験が、自分の個性を伸ばし、友情を育むことを目標としています。

クラブ活動と掛け持ちのできるサークル活動もあり、さまざまなことに挑戦できるのも魅力的という口コミがありました。

各部活ごとに広大な敷地を生かして、充実した活動を行うことができます。

ダンス部は世界大会に行ったり、放送部や和太鼓部は毎年全国大会への出場経験があったり、水泳部も東海大会までは進むほど強豪です。

学校生活の中で、勉強以外のものに打ち込める環境があるのは魅力的ですね。

スポンサーリンク

日生学園の良い口コミ2:充実した3年間が送れる

日生学園(青山高等学校)は全寮制で、英国の名門全寮制イートン校(パブリックスクール)をモデルに日本の 将来を背負うリーダーの育成を目指しています。

親元を離れた3年間の寮生活で、規則正しい生活スタイルやコミュニケーション能力が自然と備わっていき、学習面でもきめ細やかな指導をしてくれて、高校生活を通じて自立力が身に付くという口コミがありました。

寮生一人ひとりの持つ自尊心を豊かにしてくれる人間関係を築かせてくれて、寮の中で協力的なチームワークが生まれます。

「一生の友」をつくれるのも寮生活の特徴で、人間関係が苦手な子供でも、励まし合うことで関係が深まり、卒業後は人生を支え合う仲間にまで発展していきます。

また、「ブラザーシステム」という上級生が世話役として下級生の面倒をみる方式を採用しており、下級生はルールやマナーなど最低限の事を上級生の姿を見ながら学びます。

互いに高め合う姿は寮生活でしか経験できません。

寮生活をすることで、得られるものも多く、親元から離れて3年間で成長できるのは良いことですね!

日生学園はどんな人に向いている?

日生学園は以下のような方に向いているのではないでしょうか。

•寮生活をしたい方

•自立したい方

•部活動も頑張りたい方

日生学園は、全寮制で生徒全員が部活に入部しなければいけません。

親元を離れて、3年間寮で生活することで、自立することもできて、3年間を通してかけがえのない友達を作ることもできます。

また、不登校プログラムも取り入れているため、生活を取り戻し、居場所を作ってくれる環境も整っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次