MENU

日本獣医生命科学大学がやばい?Fラン?学費はやや高いが、就職率が良く学習環境の整った学校

※当サイトはプロモーションが含まれています。

今回は、日本獣医生命科学大学について調査しました。

目次
スポンサーリンク

日本獣医生命科学大学とは

日本獣医生命科学大学(にほんじゅういせいめいかがくだいがく)は、東京都武蔵野市境南町1-7-1に本部を置く日本の私立大学です。

大学の略称は日獣(にちじゅう)で、1881年(明治14年)に日本初の私立獣医学校として開学以来、140年近くにわたり獣医師、獣医学者などを育成してきた日本最古の私立獣医科大学です。

獣医学部の獣医学科は偏差値が68で6年制で、獣医保健看護学科の偏差値は55で4年制の大学です。

応用生命科学部には動物科学科と食品科学科があり、偏差値は48-50の4年制の大学です。

教育理念として「愛と科学の心を有する質の高い獣医師と専門職及び研究者の育成」を掲げています。

スポンサーリンク

日本獣医生命科学大学が「やばい」との声はなぜ?

日本獣医生命科学大学が「やばい」との声がありますが、『やばい』と言われる理由を考察しました。

Fラン?偏差値が低い?

日本獣医生命科学大学はFランクと言われています。

獣医学部と応用生命科学部がありますが、応用生命科学部は偏差値が48-50で平均以下という認識を持っている方がいるため『やばい』と一部で言われていると考察しました。

日本獣医生命科学大学の獣医学部の獣医学科の偏差値は68で、一般入試での難易度は私立大学の中でも最難関の位置にあります。

日本初の私立獣医学校として開校しただけに歴史は古く、学力レベルも高くなっているのでFランクと言われるようなレベルではないですね。

スポンサーリンク

学費が高いため

日本獣医生命科学大学は私立大学ということもあり、獣医学部の獣医学科は6年制で学費も高いため『やばい』と言われていると考察しました。

日本獣医生命科学大学の学費は以下です。(2023年現在)

  • 入学料:250,000円
  • 授業料:1,300,000円
  • 初年度学費:2,500,000円
  • 2年次以降学費:2,270,000円
  • 6年間学費:13,800,000円

国立の獣医大学の学費は全て一律のため、学費は以下です。(2023年現在)

  • 入学金:282,000円
  • 授業料:535,800円
  • 初年度学費:817,800円
  • 2年次以降学費:535,800円
  • 6年間学費:3,496,800円

日本獣医生命科学大学の学費は国立の大学の4倍になっています。

私立大学は国立大学よりも獣医学部以外の学部でも高くなっていますが、私立の方が施設や設備が整っているので充実した授業が行えますね!

スポンサーリンク

日本獣医生命科学大学の良い口コミ1:設備が整っていて、将来に役立つスキルが身につく

日本獣医生命科学大学は私立大学のため、実験や実習を行う施設や設備が整っており、他の大学では経験できない貴重な経験ができるという口コミが多数ありました。

高度な技術を集約した付属の動物医療センターが東京キャンパス内にあり、最先端の設備とトップレベルのスタッフを誇る国内屈指の付属動物医療施設で実習や研究として診察に出ることができます。

地域社会に貢献するとともに、学生が実践的で高度な犬や猫などの小動物臨床を学べる実学の場としての役割を果たしています。

獣医学科のある学校だからこそ、難しい症例の動物もたくさん来院するので、たくさんの経験を積むことができます。

また、学校で動物たちをたくさん飼育しているので、動物との関わり方など初歩的なことからたくさんのことを学ぶことができます。

富士山麓(山梨県)には、産業動物実習や研究などの目的で設置された付属牧場の「富士アニマルファーム」があります。

ここでは、牛、馬、めん羊、山羊などの様々な産業動物が飼育され、学生は泊りがけの実習で産業動物と触れ合いながら学ぶこともできます。

図書館には、専門分野に関して海外資料も含めて揃っています。

日本獣医生命科学大学は、どこの学部や学科に入っても専門知識をしっかりと学ぶ環境が整っているため、将来就職する際にも役立つスキルを身につけることができますね!

スポンサーリンク

日本獣医生命科学大学の良い口コミ2:就職率が良い

日本獣医生命科学大学では、各学部、学科で専門的な知識を学べるので就職率も良く、就職活動のサポートもしっかりしているという口コミが多数ありました。

日本獣医生命科学大学では、「就職希望者の全員就職!」を合言葉に、学生のキャリア支援をサポートしています。

学生一人ひとりが満足のできる進路を決定し、精神的にも経済的にも自立した社会人としての生き方を獲得できるよう、全学をあげて様々なバックアップを行っています。

就職希望者の内定率は96.4%です。(2021年度)

4年制の学科では3年次から就職のゼミがあり、熱心に相談にのってくれます。

また、一年次から資格取得にも力を入れることができるので就職先は、動物関係はもちろん、一般企業にも就職が可能です。

キャリアセンターでは、面接練習から実習先の紹介、インターンシップ関係のやりとりまでサポートが手厚いです。

国家資格の合格率も高く、資格取得のためのサポート体制もしっかりしています。

将来の夢や目標を持って入学した方も多く、就職へのサポート体制もしっかりしているので安心して就職活動ができますね。

日本獣医生命科学大学はどんな人に向いている?

日本獣医生命科学大学は以下のような方に向いていると思います。

•施設や設備が整った環境で学びたい方

•動物に関わる仕事がしたい方

日本獣医生命科学大学は獣医や動物に関わる仕事をしたいという方には、専門的なことを学ぶ環境が整っています。

施設、設備が整っており、付属の動物医療センターや富士アニマルファームもあるので、実習や研究を日常的に行うことができるので、学びたいことを専門的に学ぶことができるので、将来就職する際にも役立つスキルを身につけることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次