MENU

長崎原爆資料館がトラウマ?怖い?辛い・グロいとの声も?平和や命の尊さを考えるきっかけになる一度は行くべきスポット

※当サイトはプロモーションが含まれています。

長崎原爆資料館は、1945年8月9日に長崎に投下された原子爆弾の被爆の惨状と平和への願いを後世に伝えるために設立された博物館です。

館内には、被爆時の衣類や壊れた時計などの遺品や、被爆者の手記や写真などが展示されています。

今回はそんな長崎原爆資料館の評判を調査しました。

目次
スポンサーリンク

長崎原爆資料館とは

長崎原爆資料館は、長崎市の平和公園内に位置し、原爆被爆地の悲劇や平和への願いを世界に伝えるために設立された建物です。

この資料館は、1945年8月9日に投下された原子爆弾から50周年記念事業として建てられました。

長崎原爆資料館には、当時の惨状を物語る実物の被災資料や記録写真、被災者の手記などが展示されています。

また、原爆投下までの経緯や核兵器の開発の歴史、平和を求める取り組みなどもストーリー性を持って展示されています。

スポンサーリンク

長崎原爆資料館が「トラウマ」との声はなぜ?

原爆資料館の周辺は、第二次世界大戦中にアメリカによって原子爆弾が投下された歴史的な場所です。

そのため、訪れた多くの人が感銘を受けるでしょう。

そこで、原爆資料館を訪れた人が経験したトラウマについて調べました。

被爆者を模した人形の展示

原爆資料館では、被曝した方々の状況を再現した人形や写真などが展示されています。

このような展示物は、訪れた人々に強い印象を残すことがあります。

特に子どもたちにとっては、リアルな展示がトラウマを引き起こす要因となることがあります。

スポンサーリンク

テレビや他のメディアでの遭遇

原爆資料館での体験だけでなく、テレビ番組などで原爆関連の映像や写真を見た経験も、トラウマを呼び起こしてしまうこともあるようです。

個人の背景や感受性

過去の経験や背景、感受性によってもトラウマになってしまうことがあります。

例えば、広島出身ではないにも関わらず、広島の原爆資料館で強い感情を抱く声もありました。

また、戦争関連の場所や内容に敏感に反応してしまう方も少なからずいるようです。

資料館を訪れた方の中には、展示物や写真などによってトラウマを抱える人もいます。

一方で、そのような展示物や写真から得た間接的な体験が非常に価値があると感じたという意見も多くありました。

スポンサーリンク

原爆資料館の口コミまとめ

原爆資料館について訪れた人の口コミや感想をまとめました

多くの方が展示物を通じて被爆の間接的な体験をし、平和や命の尊さについて考える機会を得たという感想が見られました。

例えば、「展示されている被爆時の衣類や溶けたガラス、壊れた時計などを目にすることで、戦争の悲惨さを実感した」という声や、「現在の平和が恒久的なものでない」と感じている人々もいるようです。

このような光景から、「改めて平和への感謝の気持ちが芽生えた」という声も聞かれました。実際に使用された原爆や被爆した長崎市内の模型を目にし、原爆の恐ろしさと悲惨さを強く感じた方もいるようです。

こうした経験を通じて、戦争の悲劇と平和の尊さを実感し、平和に対する感謝の意識が高まったという印象を強くうけました。

原爆資料館は、いろいろな思いが入り込んでいる場所であり、戦争の悲劇と平和の尊さを伝える重要な役割を果たしています。

展示物を見て被爆の間接的な体験をすることで、訪れた人々は平和や命の尊さについて真剣に考える機会を与えられたという口コミが非常に多く寄せられています。

スポンサーリンク

訪れる価値あり!長崎原爆資料館の魅力

今度は施設の観点から口コミをまとめました

早朝から開館

長崎原爆資料館は、8:30から早めに開館しており、入場料も一般で200円、学生は100円(小・中・高校生)とかなり安いです。

平和公園や爆心地公園からも近く、歩いて移動することができる便利な立地にあり、好評なようです。

原子爆弾の破壊力や放射能の影響を詳細に展示

長崎原爆資料館には、原子爆弾の破壊力や放射能による影響について詳しく示す展示物が多数あります。
「一つ一つの展示物を読みながら巡回し、1時間以上滞在した」という声もありました。

日本人なら一度は訪れるべき博物館

長崎原爆資料館は恐ろしい歴史を知る場所ですが、「内部は白い壁と高い天井でデザインされており、若い人たちにも親しみやすい」という意見もあります。

「日本人なら一度は訪れておくべき博物館」という意見も多く見受けられました。

感動的な演出と臨場感あふれる展示

「原爆投下の日までタイムスリープするように降りていく演出」や「お涙頂戴のように下手に演出したりしていないところがいいですし、より悲惨さが伝わってきます」のように非常に感動的な体験ができると評価されています。

このように、実際の原爆や実物の展示は感情的に疲れる場面もありますが、総じて訪れる価値があると評価されています。

長崎原爆資料館はどんな人に向いている?

原爆資料館がどのような人に向いているかまとめました

  • 歴史や平和に興味のある人:
    戦争の歴史や平和に対する意識を深めたい方にとって、長崎原爆資料館は興味深い場所になるはずです。
  • 教育者や親子:
    学校の教育活動や学習の一環として、戦争や平和について深く理解するために訪れることができます。
  • 臨場感のある追体験をしたい人:
    臨場感のある演出やリアルな展示を体験したい方にとって、長崎原爆資料館は心に残る場所となるでしょう。

ただし、戦争やトラウマに敏感な方や子どもたちには少し配慮が必要です。

戦争の悲劇と平和の尊さを考える場所として、長崎原爆資料館は多くの人々に訪れる価値があると言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次