MENU

聖マリアンナ医科大学が怪しい?宗教学が必修科目?医学を学ぶ環境が整っているなど口コミを調査

※当サイトはプロモーションが含まれています。

今回は、聖マリアンナ医科大学の評判について調査しました。

目次
スポンサーリンク

聖マリアンナ医科大学とは

https://twitter.com/runrun_2005/status/1683017658554527744?s=46&t=ecs3bUkavdfuudLACZxTqA

聖マリアンナ医科大学は、神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1に本部を置く日本の私立大学です。

1971年創立、1971年大学設置されました。

聖マリアンナ医科大学の医学部の偏差値は、62.5です。

建学の精神は、「キリスト教的人類愛に根ざした、生命の尊厳を基調とする医師としての使命感を自覚し、人類社会に奉仕する人間の育成、ならびに専門的研究の成果を人類の福祉に活かしていく医師の養成」で、学部では宗教学の講座もあります。

1年次から専門教育をスタートします。

専門教育科目はユニット型科目とシリーズ型科目に分かれ、ユニット型科目で人体の臓器の構造と機能、主な疾患の病因、病態生理、症候、診断と治療等について学習し、シリーズ型科目で専門医学を取り巻く周辺科学等を学びます。

基礎系実習、臨床実習、総合医学教育、選択科目として総合教育科目があり、特色ある教育を通じて6年間医学を学んでいます。

スポンサーリンク

聖マリアンナ医科大学が「怪しい」との声はなぜ?

聖マリアンナ医科大学が「怪しい」との声がありますが、なぜ『怪しい』と言われているのか考察しました。

受験の際に点数に差がつけられているため?

聖マリアンナ医科大学では、志願票・調査書に性別・現浪区分で配点がつけられており、2017年度入試からその差が大きくなっていることが判明しています。

現役男性と現役女性では60〜80点差、現役と1浪では20点差とほぼ一律で差がつけられていることがわかっています。

学科試験をどれだけ頑張っても挽回できないような点差をつけられていることが明らかになっているため、怪しいと言われていると考察しています。

聖マリアンナ医科大学側は、差別を認めていないですが、同じ点数にもかかわらず、合格に差が出るのは納得いかないですね。

スポンサーリンク

宗教学が必修科目となっているため?

聖マリアンナ医科大学は、医学部の中では珍しくミッション系の大学です。

ミッション系とは、キリスト教と関係がある組織が設立した学校法人のことです。

そのため、聖マリアンナ医科大学では、宗教学が必修科目となっています。

宗教に抵抗がある方は、医学部で宗教学を学ぶのは『怪しい』と感じるのではないかと考察しました。

宗教学はキリスト教はもちろん、イスラム教などの他の考えについても学びますので、グローバルな視点で医学についても学ぶことができますね。

スポンサーリンク

聖マリアンナ医科大学の良い口コミ1:講義がしっかりしていて、医学を学ぶ環境が整っている

早期から医学に触れることができるため、志が高く、入学と同時にすぐ医学の勉強がしたい方におすすめです。

1年生は基本的な人体のことについて学び、2・3年で疾患、4年生で診断・治療を学びます。

5年は1年間臨床実習を行い、6年は国試に向け勉強するというように、学年によって区分されています。

臨床実習は1年生から3年生までの早期体験実習と、4年生1月からの診療参加型臨床実習で構成されています。

早期体験実習では医療の基本について学ぶとともに、人との関わりを早期より体験させることを目的としています。

4年生後半からの診療参加型実習では、それまでに修得した知識と技術を実際の臨床現場で応用実践することで身につけていくことができます。

また、1週間単位で集中して学ぶブロック型を取り入れており、ブロック型カリキュラムは学修内容が週単位に纏まることで事前学習に取り組みやすく、有機的に知識を統合整理でき、知識を着実に積み重ねていくことができるという口コミがありました。

また次の週の月曜日にTBLというグループ学習があり、前の週の講義のまとめ・復習ができるため、しっかりと基礎を固めていけるのは魅力的ですね。

スポンサーリンク

聖マリアンナ医科大学の良い口コミ2:施設設備がどこの医学部にも負けないくらい整っている

教育棟と呼ばれる建物がものすごくきれいでデザインもこだわって作られています。

医学教育に必要なすべての機能を集結し、少人数教育と情報教育に対応できる環境が整っています。

講義教室、図書館、学習室に加え、レストラン、書店、学生ロッカー室などのアメニティー施設も充実し、入退館はICカードで管理されています。

また、すべての教室でレノンシステムというものを導入しています。

レノンシステムとは、ICカードを利用した双方向型・対話型の授業支援システムで、授業中に学生の考え方や理解度をレスポンスアナライザーを用いて確認し、リアルタイム に授業の進行に活かすことができます。

またPCルームや図書館なども設備がよく、ネット環境が整備されていることで自習もしやすい環境が整っているという口コミがありました。

メディカルシミュレーションセンターも充実していて、実際の臨床現場・臨床場面を模擬的に再現した学習環境を提供し、医療者としての実践力(知識・技術・態度)の向上を図ることを目的としています。

医学を学ぶ上で、施設設備が整っていると学ぶ意欲も高くなりますね。

聖マリアンナ医科大学はどんな人に向いている?

聖マリアンナ医科大学は以下のような方に向いていると思います

https://twitter.com/akiko_kojima/status/985847354451345408?s=46&t=ecs3bUkavdfuudLACZxTqA
  • 志が高い学校に行きたい方
  • 施設設備が整っている学校に行きたい方
  • クラブやサークルも楽しみたい方

聖マリアンナ医科大学では、入学と同時に医学についてしっかりと学ぶことができます。

志が高い生徒が多く、施設設備が整っているので、充実した学びや実習を受けることもできます。

聖マリアンナ医科大学ではクラブやサークルも多数あり、勉強だけでなく、クラブやサークルを通して仲間と出会う機会もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次