MENU

神戸松蔭高校はお嬢様学校じゃない!制服が可愛い、学校施設がきれいなど口コミを調査

※当サイトはプロモーションが含まれています。

今回は、神戸松蔭高校の評判について調査しました。

目次
スポンサーリンク

神戸松蔭高校とは

神戸松蔭高校(こうべしょういんこうこう)は、兵庫県神戸市灘区にあるキリスト教の中高一貫私立女子校です。

設立120年以上の歴史があり、神戸では絶大な人気を誇る学校です。

制服のデザインは1925年の制定以降あまり変わっておらず、冬は紺、夏は白のワンピースを着用し、神戸では、神戸松蔭高校の夏服への移行が夏の風物詩とされており、毎年5月に新聞で報道されています。偏差値は55です。

スクールモットーは、‘‘ Open Heart, Open Mind(心を開いて、思いを自由にして)"です。

国籍や人種、民族の垣根を越え、心を開いて他者を受け入れること、公平に相手に接すること、分け隔てない人間愛を持つこと、国内、国外の様々な環境、条件の下で生きる人間としての力、女性として生きる力を育成することを目標としています。

スポンサーリンク

神戸松蔭高校はお嬢様、お金持ちの学校?

https://twitter.com/takuya20140714/status/680692908828131328?s=46&t=ecs3bUkavdfuudLACZxTqA

神戸松蔭高校は、お嬢様、お金持ちの学校という噂もあるようですが、本当なのか調べてみました。

全日制の公立高校の学習費は1年間で約46万円で、私立高校の平均額は約97万円です。

3年間の学習費の総額は公立高校は約137万円で、私立高校は約291万円でおよそ2倍の負担となっています。

神戸松蔭高校の初年度納入金(2023年度参考)は、以下の通りです。

初年度納入金

  • 入学金:300,000円
  • 授業料:488,400円
  • 施設備品維持費:42,000円
  • 図書費:4,800円
  • 建築資金:48,000円
  • PTA入会金:3,000円
  • 生徒会入会金:700円
  • 生徒会費:8,400円    
  • PTA会費:5,400円
  • 同窓会費:6,000円
  • 合計:947,400円

2年次以降の授業料も年間488,400円、施設備品維持費42,000円、図書費4,800円、建築資金48,000円が必要で、3年間総額2,113,800円が必要です。

入学の際には、その他制服(夏、冬)や体操服、靴など約100,000円の購入が必要です。

2023年より、下記3つのコースに分かれています。

  • LS(「英語力」と「国語力」の育成)コース
  • AA(グローバルに活躍するアスリート・アーティストを目指す生徒を支援)コース
  • GL(セミインターナショナルスクール、日常会話の英語は話せて当たり前)コース

それぞれのコースで、金額が異なります。

スポンサーリンク

LS・AAコース

  • 学年費(年額)  高1~高3 約8万円
  • 旅行積立金(年額)高1・高2 約10万円、高3 約7万円
  • 入学時、ICTデバイス購入費 約10万円

GLコース

  • 学年費(年額)高1~高3 約17万円
  • 連携授業費用(年額)高1  10万円、高2・高3  15万円
  • 旅行積立金(年額)高1 約25万円、高2 約8万円
  • 入学時、ICTデバイス購入費 約14万円

神戸松蔭高校の学費は、トータルすると私立高等学校の平均的な学費よりかなり安いので、お嬢様やお金持ちばかりというわけではなさそうですね。

また、神戸松蔭高校では様々な特待制度が用意されているので、学費をさらに抑えることができます。

2023年現在では、『高等学校等就学支援金制度※1』『兵庫県授業料軽減制度※2』を利用することで学費の負担を抑えることができるため、学費面だけでいえば一般家庭でも入ることのできる学校です。

※1:高等学校等に通う所得等要件を満たす世帯(※年収約910万円未満の世帯)の生徒に対して、 授業料に充てるため、国において高等学校等就学支援金を支援する制度

※2:兵庫県にお住まいの高校生を対象に一定収入未満の世帯に兵庫県から補助金が支給される制度。収入に応じて補助額が決定される。

スポンサーリンク

神戸松蔭高校の良い口コミ1:制服が可愛い

神戸松蔭高校の制服は、夏は白ワンピース、冬は紺ワンピースで丈の長いスカートとベルトが可愛く、神戸で1番可愛い制服という口コミが多数ありました。

制服制定当時(1925年)に、卒業生の保護者が考案したデザインの中から選ばれたのが、神戸松蔭高校を代表するワンピースのデザインの制服です。

基本的なデザインを変更することなく約100年にわたり校内外から愛され続けています。

松蔭の先進性と伝統を象徴するものとなっており、松蔭生の誇りとなっています。

神戸では、夏服への移行が夏の風物詩とされており、毎年5月に新聞で報道されています。

創立130周年を記念して、松蔭の制服を着たリカちゃんが制作されています。

2023年秋頃には、松蔭生が使用していたファミリアの刺しゅう入りの手提げカバンを制服姿の松蔭生をモチーフに、正式に制定補助カバンとして導入することになっています。

十字架のある校舎ら松蔭の象徴のSMSマークも美しく刺繍されているので人気のカバンになりそうですね。

神戸松蔭高校の制服を着たいという子も多く、目標を持って勉強に取り組めるのも良いですね!

スポンサーリンク

神戸松蔭高校の良い口コミ2:学校施設がきれいで、快適に過ごせる

(出典:神戸松蔭高校)

神戸松蔭高校はリニューアル工事を経て、特別教室、トイレ、食堂などがとても綺麗で、快適に過ごしやすいという口コミがありました。

時代に合わせて、主な教室にプロジェクター、wifiが整備されています。

体育館は自然光を生かした作りになっており、電気が存在せず、夏場に余計な熱が発生しないので、運動しやすい空間になっています。

室内プールもあり、年中使用することができます。

図書館は、10万冊を超える蔵書があり(県内トップクラスの蔵書数で、学校図書館の平均の3倍以上にあたります)広いフリースペースや、読書や自習にも使用できます。

雑誌や参考書、DVDやCDも充実しており6年の間も飽きることなく利用できます。

欲しい本は注文すれば追加されるので、新作小説なども多くあります。

食堂のメニューは毎週変わるので楽しめると思いますし、地元のパン屋さんによるパン販売もあるので生徒の間ではとても人気です。

施設設備が整っていると、学校生活も充実して楽しく過ごすことができますね!

(出典:神戸松蔭高校)

神戸松蔭高校はどんな人に向いている?

神戸松蔭高校は以下のような方に向いていると思います。

  • 可愛い制服を着たい方
  • 施設、設備が整った学校に行きたい方
  • 女子校に行きたい方

神戸松蔭高校は女子校で制服に憧れる子が多く、長年人気のある制服です。

学校内もリニューアル工事が終わり、全体的にきれいな校舎です。

姉妹または母が、松蔭女子学院(中学校・高等学校・短大・大学)の在校生・卒業生の場合、入学金10万円減免される制度もあります。

神戸松蔭高校は親子代々通っている方も多いようですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次