MENU

イマークSは買ってはいけない?効果なし?ドリンクタイプで飲用しやすいなどの声を調査

※当サイトはプロモーションが含まれています。

ニッスイが手掛ける特定保健用食品の「イマークS」について紹介します。

目次
スポンサーリンク

イマークSとは

イマークSとは、ニッスイが手掛ける特定保健用食品の1つです。
ニッスイは大手企業で、冷凍食品などでも幅広く展開している食品加工業ですね。

イマークSは、中性脂肪が気になる人におすすめしているドリンク型商品で、ヨーグルト風味のため飲みやすくなっています。
1本に血中中性脂肪を低下させる作用があるEPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)を860㎎も配合していて、1日1本を目安に継続的に飲むことで効果をより感じやすくなります。
常温保存もできますが、冷やすとより飲みやすいです。
「EPA・DHAって聞いたことあるけど効果が分からない」という人もいるかと思います。
これらは、中性脂肪を減らす役割をしています。
違う成分ですが、ほとんど一緒に存在しているのでセットで摂取できるのもポイントです。
これらは、EPA・DHAは鯖缶などにも含まれていて実証されている成分と言えます。

イマークSは、通販でしか販売していないため「Amazon」や「楽天」などで購入しなければなりません。
公式サイトで購入すると、安く購入できます。
また、定期便でお得に買い物ができますので、継続的に摂取したい人は公式サイトからの購入がベストです。

スポンサーリンク

イマークSを「買ってはいけない」との声はなぜ?

イマークSを買っていはいけないという声がありました。
なぜ買ってはいけないのか調べてみると「アレルギー」に関わるためです。
イマークSに含まれている原料には、アレルギーにつながるものがいくつかありました。

(出典:ニッスイ)

まず大豆です。
大豆アレルギーの人は、飲用できません。
ボトルにも表示されていますが、小さい文字で書かれているので分かりずらいです。
次にイワシなどの青魚です。
原料の中に「精製魚油(EPA・DHA含有)」とあります。
使用しているのはイワシなので、青魚アレルギーがある人は絶対に飲用してはいけません。
また、普段から青魚を食べている人にも注意が必要です。
イマークSには1日に必要なDHA・EPAを補え、栄養管理をコントロールして体のバランスを整えます。
積極的に青魚を食べてる人は、多摂取になり心房細胞などのリスクが高くなるので気を付けましょう。

同じように、他のDHA・EPAサプリを摂取している人も買ってはいけません。
過剰摂取は逆効果ですので、何か1つにまとめて長い目で効果を待ちましょう。

イマークSの買ってはいけないという声は、アレルギー体質の人に向けられたことが分かりました。
アレルギ―以外の人でも、味が苦手な人は飲用を控えてください。
ベースの味はヨーグルトですが、スポーツドリンクのような甘味もあります。
苦手な味を継続的に摂取することは難しいですよね。

あくまで、1日1本を継続的に摂取することで、効果を感じる事のできるサポート飲料です。
ダイエット目的や即効性を求めている人も、買ってはいけません。
中性脂肪を減らすことに効果があるので、健康診断等で指摘された人が健康目的で飲用するのに向いています。

スポンサーリンク

イマークSの良い口コミ1:大手企業 ニッスイ で信頼性が高い

イマークSは、大手有名企業のニッスイが手掛けた商品です。
「まだ見ぬ、食の力を」をコンセプトにしており、正式名称は「日本水産株式会社」。
創業100年以上もある歴史あるメーカーで、名前の通り水産物を活用した食品加工を多く展開してます。
活ちくわ・鯖缶など誰もが知っている商品も多く、その人気ぶりが伝わりますね。

ニッスイが生産するEPAは医薬品にも利用されている高品質で、世界で初めてEPAの抽出に成功した企業でもあります。
しかも、すべて自社工場で生産されていて、酸化しやすいとされているEPA・DHAですが、酸化の心配もありません。
今回のイマークS以外でもEPA・DHAを摂取できる商品として、魚肉ソーセージやゼリーを開発。
他にも、粉タイプやカプセルタイプなど幅広く発売し、食と健康へのこだわりを大事にしていることも分かります。

イマークSは、効果が科学的に認められた「特定保健用食品(トクホ)」に認定されているため信頼性がかなり高いです。
トクホは誰もが聞いたことある言葉ですね。
国の厳しい審査・評価をもとに、国より表示が許可されている商品と言えます。
健康志向が高まっている今、トクホ表示を気にしている人もいるでしょう。

大手が手掛けた商品というだけでも信頼は高いですが、トクホも獲得しているのでその信頼感は抜群です。

スポンサーリンク

イマークSの良い口コミ2:ドリンクタイプで飲用しやすい

イマークSは、ドリンクタイプで摂取しやすいことが挙げられます。
いつでも手軽に飲めますが、吸収率が上がっている食後に飲むのがおすすめです。
1日1本で十分で、1本が100㎖と飲み切りやすい量なのもポイント。
たった100㎖に1日に必要なEPA・DHAが含まれているのは素晴らしいです。
どちらも体内では作り出せない成分なので、体外から摂取しなければなりません。

1日に必要なEPA・DHAの量は1gで、3g以上は摂らないように言われています。
1gとは、魚の大き目な切り身1切当たりを指し、重さにすると約90gです。
魚の種類によって違いますが、青魚など脂ののったものの方が多く含まれています。
そのため、成分には青魚が入っているのです。
「さかなを食べると、頭がよくなる」フレーズも理に適っていますよね。

イマークSのEPA・DHAの配合は、上記で紹介したように860㎖でほぼ摂取量を満たすことになります。

魚を加工しているため、気になるのは味です。
味は、ヨーグルト風味となっています。
飲みやすいという声やマズイという声と賛否両論ありますが、臭くなく良い匂いでもないといったバランスです。
「冷やすと飲みやすくなった」という声も多くあるので、少し冷やしてから飲むといいです。
他のEPA・DHAサプリのように、後味に魚の青臭い感じはないため比較的飲みやすいと言えます。
ジュース感覚で、すっきり飲めるので手軽でおすすめです。
サプリを飲むのが苦手という人には、飲み物で補えるので重宝できそうですね。

イマークSはどんな人に向いている?

イマークSは、血中中性脂肪値を指摘された人や、気になる40代~50代の人に向いています。
生活習慣病の予防にもつながるので、普段の食事のバランスや運動不足を感じている人には、おすすめです。
また、魚が苦手であまり食べない人は、DHA・EPAが不足しがちです。
積極的に食べれない人は、ドリンクで手軽に栄養を取れるのでイマークSは継続しやすいでしょう。
あくまでも、即効性やダイエット目的には不向きですので、中性脂肪値を下げたい人や継続的に頑張れる人には買ってみて下さい。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次