MENU

ひみつ基地youtuberの復帰いつ?付き合ってるは嘘で関係は?れんたろうがいらないなどの声はなぜ

※当サイトはプロモーションが含まれています。

ひみつ基地。は最強のひみつ基地をつくりたい「れんたろう」と、古民家カフェを出したい「うがじん」の2人が、実際に古民家を買って家を自力でリフォームしていく様子や、その家で美味しい料理をたくさん作る飯テロ動画などが投稿されているチャンネルです。

2021年12月にYouTubeチャンネルを設立後、そこから1年3か月後の2023年3月には登録者数は100万人を超えました

2023年9月現在ではなんと135万人にまで増えています。ものすごいスピード感で登録者数を伸ばしていった話題のYouTuberです。

目次
スポンサーリンク

ひみつ基地。の2人は付き合ってる?関係は?

れんたろうさんとうがじんさんは高校の時の同級生です。

そこから関係が続いていて、現在YouTuberとして活躍する相方になったようです。
ひみつ基地。の動画ではたまに他のYouTuberとのコラボ動画が投稿されることもありますが、ほぼほぼ2人で動画に出演しています。

夢を叶えるために、二人で協力しながら一生懸命古民家購入までの日々を歩んできたことは投稿されている動画からよく伝わってきます。

そんな様子を見て応援したい人たちが増え、登録者数の急増に繋がったのかもしれませんね。

お二人の人柄が柔和で、本当にとっても仲が良さそうな様子から、付き合ってるのでは?と推測するファンの方もいらっしゃるようです。

付き合っているということはなさそうですが、これまでのお二人の経緯からも深い絆で結ばれているのは間違いなさそうですね。

スポンサーリンク

ひみつ基地。のれんたろうが嫌い・いらないとの声はなぜ?

私もめちゃめちゃ不快でした…。
コムドットファンからしてもひみつ基地ファンからしても見ててしんどいコメ欄ですよね( >_< )
私はコムドットさんに対して何とも思ってないし、仮に嫌いだとしても推しが好きって言ってたら何も口出ししないです。
最近は、推しが自分の思い通りとか期待通りにならないと怒っちゃうメンヘラファンが多くて困りますね、怖い(;_;)

(引用:Yahoo!知恵袋)

れんたろうさんは古民家のリフォームにおいて指揮を執っています。

調べてみると、そのアイディアや器用さから、尊敬する声や応援する声が圧倒的に多いようです。

「いらない」といった声の原因を見つけ出すことはできませんでしたが、最近の動画を見るとDIYやリフォーム関係のものよりも、飯テロ動画の方が投稿頻度が高くなっています。

また、YouTubeショートはほぼ飯テロ動画です。そのため、うがじんさんがメインの動画が多くなっており、いろんな方の目に留まりやすくなっているのかもしれません。

飯テロ動画の時は、れんたろうさんは器用ではありますが料理上手という印象はあまり受けません。

そこだけ切り取ってみてしまうと、必要ないのでは?と思う人が出てきてしまったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ひみつ基地。の活動休止理由とは

2023年9月3日に「ひみつ基地。」から突然の活動休止のコメントが公表されました。大人気YouTuberからの突然の発信に、ネットニュースとしても取り上げられて話題になりました。

そのコメントには、活動休止の理由は家庭の事情によるものとされています。

一体それは誰の家庭の事情なのか、どんな事情なのか、復帰時期はいつ頃になるのか、などファンとしては気になることはたくさんありますが、詳細についてはお二人からは何も公表されていません。

最近ではメインのお二人以外にも、裏方として活躍されている方や、準レギュラーのような形で出演されている方など、チャンネルが大きくなるにつれて「ひみつ基地。」に関わる人も増えてきましたので、ますます予測するのも難しそうです。

ただ、その発表された公式のコメントでは、動画投稿を再開できるようにチームで協力し合っているというひみつ基地。らしい表現が見られました。

少なくとも関係が決裂した、とかではなさそうです。

このまま活動休止というわけではなく、あくまで一時的な休止と捉えて良さそうでファンとしても一安心ですね。

憶測での情報発信は控えてほしいとの表現もありましたので、復帰の時期などは公式の発表があるまでは待つしかなさそうです。

スポンサーリンク

ひみつ基地。の魅力

ひみつ基地。の動画は、30分以上の長尺のものが多いです。

DIYやリフォーム、料理など、その動画での企画は様々ですが、どれもその工程がゼロからわかるように丁寧に撮影されています。

そのおかげで、どの動画でもまるで一緒に作り上げていっているような感覚で見ていられるところがとっても魅力的です。

大規模なことをするものが多いので、日常ではできないことを2人が楽しみながら取り組んでいる姿を見ると、ついつい応援したくなってしまってファンになる方が多いようですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次