MENU

ハートゴールド・ソウルシルバーが高い理由4つ!最高傑作との声もかなり多い!

※当サイトはプロモーションが含まれています。

今回はポケモン ハートゴールド・ソウルシルバーの中古が高い理由をまとめました。

目次
スポンサーリンク

ポケモン ハートゴールド・ソウルシルバーの中古が高い理由とは?

ハートゴールド・ソウルシルバーは2009年に発売。
ポケモン史上最高傑作と言われることも多く、10年以上経った今でも高い人気を誇るため、中古でも高価格で売られています。

では、どんな点が人気で高価格を維持しているのか?
以下に4点にまとめました。

高い理由1:最高のリメイクと言われている

ハートゴールド・ソウルシルバーは、1999年に発売された金・銀のリメイク版。
人気を誇った金・銀の魅力はそのままに、大幅に進化しパワーアップしている点が評価されています。

スポンサーリンク

高い理由2:ボリューム感が凄い

ハートゴールド・ソウルシルバーはボリューム感があり、長く楽しめる点が人気です。
8個のジムバッジが一般的であったのに対して、ハートゴールド・ソウルシルバーは16個と2倍になっています。

また、ジョウトとカントーの2つのマップを冒険できるのも魅力。
充実のボリューム感ですよね。

高い理由3:手持ちのポケモンと歩ける

ハートゴールド・ソウルシルバーでは、手持ちのポケモン一匹を後ろに連れて歩くことができます。
プレイ中ポケモンに話しかけることもでき、可愛いと高評価の機能。
ポケモンの連れ歩きができるシリーズはかなり限られているので、人気の高さに繋がっているのでしょう。

高い理由4:生産終了している

ハートゴールド・ソウルシルバーはDSのソフトですが、現在DSの生産は終了しています。
生産が終了したものは価値が上がる傾向にあります。
レア度も高まっているので、価格も上昇しているのでしょう。

スポンサーリンク

ハートゴールド・ソウルシルバーの悪い口コミ

ハートゴールド・ソウルシルバーの悪い口コミをまとめました。

新鮮味があまりない

「懐かしい反面、新鮮味があまりない」との声がありました。
あくまでもベースは金・銀のリメイクであるので、ストーリーはほとんど変わりません。
新鮮味が劣ってしまうのはどうしても避けられない点ではあるでしょう。

操作性が悪い

「タッチペン操作とボタン操作があり、操作性が悪い」との意見がありました。
シンプルな操作性だったゲームボーイのソフトである、金・銀。
タッチペンが追加されたDSの操作には、なかなか慣れないと感じる方も一定数いるのでしょう。

価格が高い

「転売などで価格が高すぎるのが残念」という声がありました。
人気が高いが故、価格の上昇は仕方がないのかもしれません。
ですが、手の届きにくい価格にはデメリットを感じてしまいますよね。

スポンサーリンク

ハートゴールド・ソウルシルバーの良い口コミ

ハートゴールド・ソウルシルバーの良い口コミをまとめました。

素晴らしいリメイク

「10年前に遊んでいた記憶が蘇った」
「懐かしい」
という声が多くありました。
名作と言われた金・銀のリメイクである、ハートゴールド・ソウルシルバー。
過去に金・銀で遊んでおり、再度ハマる方が多いようです。
リメイクの完成度の高さが、高評価に繋がっているのでしょう。

ボリューム感がある

「クリア後も楽しめる」
「ボリュームがシリーズ最高」
という声がありました。
ハートゴールド・ソウルシルバーは、充実した内容で飽きがこない点が高評価。
やりこみができるバトルフロンティアや、ミニゲームを楽しめるポケスロンといった追加機能が豊富。
クリア後も楽しめるのは嬉しいポイントですね。

ポケモンの数が多い

「ポケモンの数が多く楽しい」との声がありました。
金・銀に出てきたポケモンに懐かしさを感じつつも、さらに新しいポケモンが追加され、より魅力になっているようです。

スポンサーリンク

ハートゴールド・ソウルシルバーはどんな人に向いている?

ハートゴールド・ソウルシルバーは以下のような人に向いています。

・金・銀をプレイしていた世代の人
・遊びごたえのあるゲームが良い人

金・銀のリメイク版であるハートゴールド・ソウルシルバー。
金銀を楽しんでいた世代の方には、ストーリーの懐かしさと追加要素の新鮮味を感じることができ、とてもおすすめです。
映像やBGM、内容のボリュームが更にパワーアップしているので、楽しめること間違いなしでしょう。

また、バトルフロンティアやポケスロンといった、ジムバッジをクリアしたあとも遊べる機能がとても豊富。
長くたくさん楽しみたい人にはぴったりです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次