MENU

ファルケンタイヤがうるさい?安い理由3つとは?評判が良く、リピーターが多いブランドの一つ!

※当サイトはプロモーションが含まれています。

今回はファルケンタイヤが安い理由や評判について調査しました。

目次
スポンサーリンク

ファルケンタイヤが安い理由

https://twitter.com/SymsorTlove/status/1049297912679739392?s=20

ファルケンタイヤが安い理由をまとめました。
1.開発コスト削減
2.プライベートブランドのため
3.大量生産

安い理由1:開発コスト削減

まず1つ目は、開発コストを削減しているためです。
2003年に住友ゴム工業と合併し、それ以降タイヤ開発はかなり少ないことが分かります。
新しいタイヤの開発費用というのは、販売商品にも影響しますので大幅なコストダウンにつなげることが出来ます。
そのため、ラインナップは他と比べると少ない印象です。

1913年自動車用のタイヤの生産を国産初で開始。
1986年にはアメリカのダンロップを買収するなど拡大していきました。
2006年には石油が足りなくなるということで、石油を使わないタイヤ開発。
2013年「エナセーブ100」が成功し、石油を一切使わないタイヤの開発が成功しました。

いろんな種類のタイヤを販売していますが、ファルケンタイヤは最適化を優先的に製造しています。
その最大の役割をしているのが「4Dナノデザイン(スーパーコンピュータ)」を駆使して開発したことで実現できているのです。

基本的には、住友ゴム工業の保有ブランド「ダンロップ」と同じ技術が採用されています。
ダンロップは、世界タイヤ販売ランキング5位。
品質はお墨付きで、安いから悪いということではないようです。

ちなみに、有名なブリジストンは常に最新技術を取り入れています。
多額の開発費用を投資し、安全性の向上に取り組んでいるのです。
この開発費用というのは販売商品に影響し、ブリジストンの商品は他と比べると高い印象になります。
安全だから高いのもありますが、最新技術を取り入れているから高いです。

スポンサーリンク

安い理由2:プライベートブランドのため

2つ目は、プライベートブランドということです。
生協の「CO・OP」やセブン&ホールディングス「セブンプレミアム」などをプライベートブランドと言います。
住友ゴム工業の「ファルケン」ということですね。
スーパーの商品棚でもプライベートブランド商品というのはよく目にするようになりました。
では、プライベートブランドの何がいいのか?
プライベートブランド商品は、代理店を通さないため中間コストがなく、仕入れ原価が安いことが最大のメリットとなります。
加えて、品質も高く競合商品の競争にも勝てるのです。
オリジナルの商品を取り入れる事で、他店と差別化し売上につなげています。
ファルケンにとってもメリットは大きいのですが、住友ゴム工業も生産計画が立てやすく、広告宣伝を減らしてPRすることができるためメリットづくしです。
欠点は、利益によっては撤退する可能性が出るという事ですね。

安い理由3:プライベートブランドのため

3つ目は、大量生産されているということです。
大量生産によってコストパフォーマンスがいいのは、想像できますよね。
ファルケンタイヤも、1つの製造工程で大量に生産することで作業の効率化につなげています。
結果、コストが削減されて販売商品を安く抑える事ができるのです。

ファルケンタイヤの工場は、住友工業の白河工場(福島県)、名古屋工場(愛知県)、泉大津工場(大阪府)、宮崎工場(宮崎県)です。

また、海外での販売にも力を入れているため、中国やインドネシア・タイ・ブラジル・南アフリカ・トルコ・アメリカなど8拠点を展開してます。
いずれも工場地帯で工場が盛んな場所でもあり、大量生産も可能なのです。

スポンサーリンク

ファルケンタイヤの悪い口コミ

ファルケンタイヤの悪い口コミをまとめました。
・ロードノイズがうるさい
・タイヤの減りが早い
・すぐにヒビが入っていた

ロードノイズは、ハイブリット車が普及し始めた現代ではとても重要になってきます。
今までは、エンジン音でかき消されていた音でも、ハイブリット車になると小さな音が気になり始めるためです。
タイヤの「ゴー」という音は、薄いタイヤで発生しやすいことが分かっています。
常に音が気になると、ストレスになるため交換が必要になりますね。

タイヤの減りは、走行条件によって大きく左右します。
平均的に使用開始5年以上経過でタイヤの継続をするかを点検。
また、製造後10年経過したタイヤは、新しいタイヤに交換することも推奨されています。

3年目で底のベースにヒビ割れが生じてしまった声がありました。
ヒビの原因は、タイヤの劣化がほとんどです。
太陽の紫外線やオゾンによってヒビが割れてしまうためと言われており、修復は不可能。

ヒビが早い段階で入ってしまうのはとても残念ですよね。
しかしそのままにしておくと、破裂したりヒビから水分が入ると他の層に影響を及ぼしたり危険なため買い替えが必要になります。

スポンサーリンク

ファルケンタイヤの良い口コミ

ファルケンタイヤの良い口コミをまとめました。
・高速安定性が高く、乗り心地がいい
・コスパがよい
・スノー性能がいい

Hレンジで高速道路も安心して走行できるため、安心して運転できるそうです。
安心して運転できることで乗り心地も良く、ストレスを抱える事なく運転できますね。

そしてファルケンの持ち味でもある、コスパがいいという声がありました。
車のタイヤですので、安全性が何より大事です。
安く済ませたい気持ちもありますが、できるだけ良いものを買いたいのが本音ですよね。
ファルケンタイヤは、安全性も走行性も安定している上に、低価格のため人気があります。

深夜のブラックアイスバーンでも他のタイヤより格段に効いたという声や、新雪・圧雪路面でも非常にいい感触だったと好評です。
スノー性能の良さは、摩擦も少なく安心感があります。
雪道を走ることが多い人は、タイヤのスノー性には敏感です。
それでもファルケンのタイヤは良かったという声がありました。

スポンサーリンク

ファルケンタイヤをより安く購入するコツ

ファルケンタイヤに関わらず、タイヤの購入には通販が一番安く購入できます。
特に、10月中旬~12月中旬。
通販でホイールとセットで購入するのがお得になります。
なぜ10月中旬~12月中旬がお得になるかというと、通販会社がこの時期に大量に仕入れるため。

通販購入で気を付ける点は、タイヤの取付をしなくてはいけないということです。
安全のためにも、取り付けはプロに任せることをおすすめします。
工賃はかかりますが、タイヤは安く手に入れる事ができます。

https://twitter.com/I23Tajima/status/1433659062252564481?s=20

車検のタイミングも安くなる可能性があります。
車検が近いのであれば、タイヤ交換の見積もりも取っておくと工賃が安くなる場合があります。
まずは見積もりをして、比較してみるのもいいですね。

安く購入したいからといって、タイヤの中古品はやめましょう。
劣化が進んですぐにダメになるため二度手間になります。

ファルケンタイヤはどんな人に向いている?

ファルケンタイヤは、とにかく安くタイヤを購入したい人におすすめです。
国産の低価格のタイヤを取り扱っている、ファルケンタイヤ。
海外輩出に力を入れていますが、日本でも人気があります。
スタッドレスは好評ですので、雪道を多く走る人はファルケンのタイヤを検討してみるといいですね。
安いから悪いタイヤではなく、低価格で提供できる努力もしていることが分かります。
ファルケンタイヤの持ち味は最適化。

タイヤで運転の違いが分かる人は、こだわりたい部分です。
タイヤに詳しくない人でも、低価格で安心して使用できるタイヤがいいですよね。
様々な口コミがありますが、走行状況によってタイヤにも相性があります。
交換時期が近づいている人は、ぜひファルケンを検討してみてください。

トーヨータイヤも検討されている方はこちらも記事も参考になるかと思います。

あわせて読みたい
トーヨータイヤなぜ安い?やばいし最悪?3つの安さの秘密を紹介!実際に利用した口コミも紹介 トーヨータイヤですが安さの秘密が気になったので調査しました。 https://twitter.com/yotaFULLSEND/status/1642007715684978689?s=20 【トーヨータイヤが安い理由】 ト...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次