MENU

中古のエルグランドが安い理由は燃費やライバル車の存在?向いている人も紹介

※当サイトはプロモーションが含まれています。

今回は中古のエルグランドが安い理由について解説します。

目次
スポンサーリンク

中古のエルグランドが安い理由

中古のエルグランドが安い理由は大きく1つあります。それはライバル車の存在です。

エルグランドは、広い車内空間と操縦性能を兼ね備えた高級ミニバンに分類されます。余裕のあるクルージングが可能な3.3L V型6気筒エンジンと、凝った足回りによって実現した快適な乗り心地、そして高い安全性能を兼ね備えた高級志向の車でした。

1997年の初代エルグランドの登場より長い間愛されてきた車ですが、同高級ミニバンであるトヨタのアルファードやヴェルファイアなどのライバル車の登場により、その人気が衰え始めました。

トヨタのアルファードやヴェルファイアはエルグランドよりも後に発売された自動車であり、エルグランドと同様に高級志向の車になっています。

ミニバンの大きな魅力である室内空間の広さを、車内高を例にトヨタのライバル車2台と比較してみると、

  • エルグランド 車内高1300mm
  • ヴェルファイア 車内高1400mm
  • アルファード 車内高1400mm

となっています。

さらに、燃費面でも比較してみると、

  • エルグランド 8.4〜9.7km/L(WLTCモード)
  • ヴェルファイア 9.9〜10.8km/L(WLTCモード)
  • アルファード 9.9〜10.8km/L(WLTCモード)

となっており、ライバル車と比較すると見劣りしてしまいます.

よって、エルグランドの人気が発売当初よりも落ちてしまい、中古価格の下落に繋がった、と考えられます.

スポンサーリンク

中古のエルグランドの悪い口コミ

中古のエルグランドには、車内空間の狭さと価格についての不満の声が多くありました。

まず、車内空間についてですが、ミニバンの車体の大きさに対して車内空間が狭いといったコメントが多くありました。

上述の通り、エルグランドはライバル車が存在します。それらの自動車を比較すると、エルグランドは車体がライバル車と比べ若干大きいのに対し、車内空間は狭くなっています。

エルグランドの所有者も、「車内に関してですが、この車の大きさにしては狭すぎると感じる。やはり競合他社と比較して劣ると感じる」とコメントしています。

さらに、価格に関してですが、車両そのものの価格、税金やガソリン代などといった維持費など全てにおいて高価格であるといった声が多くありました。

このように、エルグランドにはネガティブなコメントが一定数ありました。

スポンサーリンク

エルグランドの良い口コミ

続いて、エルグランドの良い口コミについても見ていきましょう。

エルグランドに内装に対して評価するコメントが多くありました。エルグランドは高級ミニバンなだけあり、走行性能、居住性、内装、装備など、全てにおいて強いこだわりを感じられます。

車内に11インチ大型ワイドモニターを備え、プライベートサウンドシステムを採用してより快適に車内を過ごせるよう工夫されているほか、最新のモデルではさらに乗り心地や走行安定性を向上させるなど一切の妥協を感じさせません。

エルグランドの所有車も、「大人5人が乗った上で旅行の大きな荷物を人数分積んでも走行や居住性に問題はなかった」「車内が広く、足を置くための台もある。乗せてもらう人にとっても良い車である」などとコメントしており、高い評価を得ていることがわかります。

スポンサーリンク

中古のエルグランドはどんな人に向いている?

最後に、この中古のエルグランドはどのような人に向いているかについて見ていきます。

それはズバリ「より安価に高級ミニバンが欲しい人」でしょう。

上述の通り、エルグランドは車内空間や燃費において競合他社に劣っているとは言ったものの、大きな差はなく、十分高級ミニバンとして通用する自動車となっています。

しかも、中古価格は競合車と比べ安価な傾向にあるので、より手出しをしやすい高級ミニバンである、とも言えます。

高級ミニバンの購入を検討している方は、エルグランドも候補の1つに加えてみるのもいいかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次