MENU

ドルトン東京学園は金持ち学校?学費が高い?いじめ対策の徹底、充実した施設など評判を調査

※当サイトはプロモーションが含まれています。

今回は、ドルトン東京学園はお金持ちの学校なのかや実際の評判について調べました。

目次
スポンサーリンク

ドルトン東京学園とは

ドルトン東京学園(ドルトンとうきょうがくえん)は、2019年に開校し、東京都調布市入間町2丁目に所在する、河合塾が運営する私立の中高一貫校です。

ドルトン東京学園は「恐れずに進め」をスクールモットーに掲げ、「自由」と「協働」を原理にする「ドルトンプラン(およそ100年前にアメリカで生まれた教育メソッドの一つ。詰め込み型学習への問題意識から誕生した学習者中心のメソッドで「教える」と「学ぶ」のバランスを大切にしながら、子どもたち一人ひとりが自分の学びたいことを、自分にあったやり方で学んでいく)」で生徒の能力を引き出しています。

男女共学で、英語教育に力を入れており、帰国子女も多く受け入れていて、偏差値は57-69と幅広い学生が集まっています。

スポンサーリンク

ドルトン東京学園はお嬢様、お金持ちの学校?

https://twitter.com/chavolons/status/1623835181969965056?s=46&t=ecs3bUkavdfuudLACZxTqA

ドルトン東京学園は河合塾が開校したということもあり、お金持ちの学校という噂がありますが、噂が本当なのか調べてみました。

公立の中学校では、授業料はかかりませんが、給食費や教材代などは各家庭での負担です。

私立中学の学習費の平均額は約140万円で、3年間の学習費は総額320万円ほどかかります。

全日制の公立高校の学習費は1年間で約46万円で、私立高校の平均額は97万円ほどです。

3年間の学習費の総額は公立高校は約137万円で、私立高校は291万円ほどでおよそ2倍の負担となっています。

ドルトン東京学園中等部・高等部(2023年度参考)は、以下の通りです。

中等部•高等部

  • 初年度納入金(2023年度参考)
  • 入学金   400,000円
  • 授業料   930,000円
  • 施設維持費 120,000円
  • 教育充実費 90,000円

合計    1,540,000円

2年次以降の学費も930,000円ほどが必要で、3年間総額費用=約3,400,000円

このほか、標準服・体操服・鞄、教材費、国内研修費等が合わせて250,000円ほどかかります。

ドルトン東京学園は中等部•高等部の一貫校で、基本的には高校からの入学はできません。

学費も中等部•高等部も同じになります。

高等部以降の学費も930,000円ほどが必要で、3年間総額費用=27,900,000円ほどです。

その他の海外研修などもあり、別途お金がかかるので、高等部でもかなりの学費が必要です。

https://twitter.com/oinjuken/status/1608236247746768896?s=20

ドルトン東京学園は中•高一貫校で学費は、トータルすると私立中学校の平均より高く、高等学校の平均的な学費より安くなっています。

高等部で入学金が必要ない部分で少し安くなっています。

1学年100人で25名1クラスと小回りが利く学校で、きめ細やかに関わりを深めながら教育活動を行い、手厚くサポートしてもらえるため学費が高くなっている可能性が高いですね。

2019年に創立したばかりのため判断は難しいですが、費用だけ見ると確かにお金持ちが多く通っていそうですね!

しかし、2023年現在では、『高等学校等就学支援金制度※』を利用することで学費の負担を抑えることができるため、学費面だけでいえば一般家庭でも入ることのできる高校です。

※高等学校等に通う所得等要件を満たす世帯(※年収約910万円未満の世帯)の生徒に対して、 授業料に充てるため、国において高等学校等就学支援金を支援する制度

スポンサーリンク

ドルトン東京学園の良い口コミ1:施設、設備が整っている

ドルトン東京学園には、芸術鑑賞を楽しむことができる講堂や温かみのあるカフェテリア、広い体育館やダンスなどで使用するジム、全面人工芝のグラウンドや多目的コートなど、他の学校にはない施設•設備が整っているという口コミがありました。

STEAM棟 1F 【クラフト・ラボラトリー】:美術室、技術室、ハイスペックPCがあるデジタルデザイン室、多用途に使える多目的室、そして中央のクラフトセンターがあります。

STEAM棟 2F 【ラーニングコモンズ2】:ラウンジがありホワイトボードや電子黒板が配置されており、協働的な学習の場として授業やラボで利用されています。

書架エリア:備え付けのiPadで蔵書検索のみならず電子図書館の閲覧も可能となっています。

STEAM棟 3F【サイエンス・ラボラトリー】:3つの実験室(物理室・化学室・生物室)があり、専門的な実験台や機器があり、生徒たちが自分たちで考えて実験を進めていけるように整備されています。

これだけの施設設備が整った学校で6年間を過ごすことができると、学ぶことが楽しくなりそうですね!

スポンサーリンク

ドルトン東京学園の良い口コミ2:自由な校風と勉強する環境が整っている

ドルトン東京学園は新しい学校のため、無意味な校則はなく自由な部分が多いですが、生徒が自由とは何かを話し合って考えて自分たちで校則なども決めています。

授業でわからないことはいつでも聞くことができるので、勉強を積極的にする意欲が育つという口コミがありました。

6年間の教育プログラムが設定されており、主体的に学び、探究・挑戦し続ける姿勢を育んでいて、個人個性を育てる環境があります。

英語プログラムでは、アカデミックでもビジネスでも、日常生活でも使える英語が身につくように、6年間を通してより伝わる表現や英語力を身につけるようなカリキュラムを設定しています。

厳しい校則に縛られず、自分たちで考えて自分たちで行動する力が身につき、勉強にもしっかりと向き合える環境が整っているので充実した6年間を過ごすことができそうですね。

また、いじめ防止基本方針を定め、生徒・先生問わず一貫していじめを防止しています。

いじめを完全になくすのは難しいかもしれませんが、充実した学生生活を送れるよう管理されていることがわかります。

ドルトン東京学園はどんな人に向いている?

ドルトン東京学園は以下のような方に向いていると思います。

•自由な校風の学校に行きたい方

•きれいな施設、設備が整った学校に行きたい方

•英語をしっかり学びたい方

ドルトン東京学園は、自由な校風で制服はありますが髪型やピアスなど全て自由で携帯の持ち込みも自由なので、自分で考え、個性を大事にすることができます。

勉強や運動をするにも十分なきれいで充実した施設、設備が整っています。

また、帰国子女の受け入れも行っていて、アカデミックでもビジネスでも、日常生活でも使える英語が身につくカリキュラムが準備されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次