MENU

チェゲバラはなぜ人気?カリスマ的存在、生き方がかっこいいなどの声を調査

※当サイトはプロモーションが含まれています。

アルゼンチン生まれの革命家、チェ・ゲバラについて紹介します。

目次
スポンサーリンク

チェゲバラとは

アルゼンチン生まれで、アイルランド系の父とスペイン系の母の元に誕生したチェ・ゲバラ(本名:エルネスト・ゲバラ)。

ブエノスアイレスで医大を卒業し、医師免許を持つ政治家で、革命家です。

チェ・ゲバラキューバのゲリラの指導者で、中南米で横行していた労働者の搾取や米国の介入に反発し、1959年にフィデル・カストロとともに、キューバ革命を起こした人物です。

新政権で国立銀行総裁や工業相を歴任したが、1965年にキューバを出国。

アフリカのコンゴで活動したのち、南米での革命を企画してボリビアに潜入したが、アメリカ軍の介入で革命は失敗し、196年10月8日にボリビアの山中で捉えられ、翌日射殺されました。(没39歳)

スポンサーリンク

チェゲバラが人気な理由とは?

チェゲバラが人気の理由を以下のように考察しました。

①カリスマ的な存在だから

チェゲバラは容姿のかっこよさ、掲げた理想を行動に移すことができて、キューバ革命を成し遂げたこと、革命家として情熱的に進んだ人生が多くの人が憧れるカリスマ的存在として人気があると考察しました。

スポンサーリンク

②貧しい人のため、国の未来のために戦ったから

チェゲバラは、医学部在学中に南米大陸各地をバイクや徒歩、ヒッチハイクで回る旅をしている間に中南米の圧倒的な貧困や貧しい労働者への搾取、様々な差別を目の当たりにし貧しい人の為に戦う道を選んでいます。

軍医として同行し、自軍の負傷した兵士だけでなく、敵の負傷した兵士の治療まで行っていて、常に貧しい人の味方になり戦っている姿に人気の理由があると考察しました。

③チェゲバラの生き方や言葉に共感する方が多いから

革命家として、貧しい人に寄り添い、常に死と隣り合わせに生きてきて、不条理に抗い続けたチェゲバラが残してきた言葉がたくさんあります。

『明日死ぬとしたら、生き方が変わるのか?』

『教育制度の壁を取り壊さなければならない。教育は裕福な子供だけが勉強できるといった特権であってはならない。』

『人は強くならなければならないが、決して優しさを失ってはいけない。』

『目的のためには死をもいとわないと思えたとき、わたしたちは生きがいを確信することができる。』

チェゲバラが遺した言葉に感銘を受け、共感した方が多いのも人気の理由と考察しました。

スポンサーリンク

チェゲバラの良い口コミ

チェゲバラは以下のような良い口コミがあります。

生き方がかっこいい

チェゲバラは見た目だけでなく、貧富の差や搾取、米国支配、不正などの問題に目を向けて、正面からぶつかって何とか正そうとし自分自身がまず行動し、お手本になろうとする姿がかっこいいという口コミがありました。

相手の立場に立って物事を考えている

チェゲバラは、自ら農家や労働者に混じり作業して汗を流したり、相手と同じことを経験したりして、上から指示するのではなく、同じ目線で物事を考えて乗り越えること大切にしている姿に共感するという口コミがありました。

チェゲバラの言葉が良い

指導者として、医師として、革命家として死と隣り合わせで生きてきたチェゲバラだからこそ、発する言葉に重みや説得力、共感できるという口コミありました。

スポンサーリンク

チェゲバラのプロフィール

本名:エルネスト・ゲバラ(Ernesto Guevara)
愛称:チェ
生年月日:1928年6月14日
出身地:アルゼンチン
身長:175cm
職業:政治家
家族構成:父はアルゼンチン人のエドゥアルド・ラファエル・エルネスト・ゲバラ・リンチ
母はセリア・デ・ラ・セルナ・イ・ジョサ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次