MENU

ブッキングドットコムが安い2つの理由!さらに安くするコツ、向いている人も紹介

宿泊予約サイト「ブッキングドットコム」ですが安くて人気が高いですよね。

今回はそんな安い理由について調査しました。

目次

ブッキングドットコムが安い理由

ブッキングドットコムが安い理由は、主に2つあります

  1. 定期的なセール
  2. Genius会員割引

それぞれ解説します。

安い理由1:定期的なセール

会員登録をすることで、プライベートセールにより割引になり安い料金で予約できます。

セールの情報はブッキングドットコムの会員になると、メールで情報が送られてきます。

ですがセールの時期や期間は流動的で、安くなるタイミングも決まっていません。

ブッキングドットコムではセール中の宿泊施設のみを検索することも可能です。

スマートセールというのもあり、こちらは期間や割引率など一定ではなく急に開催されるセールとのこと。

安い理由2:Genius会員割引

(出典:Booking.com

Genius会員になると、10%割引になるので安く泊まれます。

2年間に2回以上宿泊の予約をすると、Genius会員の勧誘メールが届き登録することができます。

宿泊回数に応じてランクが上がりレベル3に上がるとなんと20%も宿泊料がお得になるのです。

メルマガ登録をすると50%割引になり、限定セール情報も知ることができます。

ブッキングドットコムの悪い口コミ

悪い口コミには、「トラブル対応が悪い」、「キャンセルができない」、「キャンセルをしたはずなのにカード請求された」、「写真が掲載されているホテルと実際のホテルが違う」というものがありました。

日本語に対応しているはずのカスタマーサポートですが、中国人の方が電話に出たり、日本ではなくシンガポールに繋がったりという方もいました。

さらに、日程の変更でホテル側は変更に応じても、ブッキングドットコムに問い合わせたところ、メールで返信がなく電話を何回かけてもつながらず、連絡が取れなかったという口コミがありました。

加えて、「宿泊施設がありすぎて迷う」、「時間帯によってWebサイトが重い」、「ホテルの質が低く、値段の割に汚れていた」、「ポイント制度がない」というものもありました。

満足度の高いブッキングドットコムですが上記のように一部で悪い声もあるようです。

ブッキングドットコムの良い口コミ

ブッキングドットコムは世界200ヶ国もの宿泊施設がサイトに載せられています。

620万件以上のホテルを予約でき、小規模なホテルから大規模なホテルまで提供しているので、自分にぴったりな宿を探せると評判が良いです。

オランダの会社ですが予約サイトは42か国語に対応し、もちろん日本語にも対応しています。

毎日セールを開催していて、直前でも割引されているホテルが多く、他の宿泊サイトよりも一泊1000円~5000円安くなることからリピートしている方も多いです。

また、キャンセル料金が直前までかからず、前払いが必要ないポイントも評価されています。

ブッキングドットコムで航空券をより安く購入するコツ

また、「ハピタス」、「Cashrewards」などのポイントサイトを経由して予約すると、ポイントの還元がもらえて、実質安く購入できます。

ハピタス経由でブッキングドットコムに予約し支払いをすると、2.0%の還元され、約1ヵ月後にポイントが貰えます。

「Cashrewards」というオーストラリアのサイトを経由して予約するとBooking.comでは5.0%のキャッシュバックが貰えて、2か月後ほどに銀行口座で貰えます。

さらに、デイリーPLUSという特典サービスもあります。

こちらはヤフージャパンの会員制のもので、こちらに登録してブッキングドットコムで予約すると、4%~8%のポイントが貯まるとのこと。

以上のように、「Hapitas」、「Cashrewards」などのポイントサイト、「デイリーPLUS」を利用予約すると実質安く予約できます。

ブッキングドットコムはどんな人に向いている?

ブッキングドットコムは個人での海外旅行に慣れている方に向いています。

掲載されているホテルの数や宿泊タイプが多いため、よく吟味して選ぶ必要があります。

最安値の宿泊先だと、治安が悪かったり中心地から離れた場所になることもあるとのこと。

そのため、自分で好みのお部屋を選べるので個人旅行に慣れている方からは好評です。

しかし、個人での海外旅行初心者の方からは不評の声も一部上がっています。

予約できていなかったというトラブルを防ぐためにも、ブッキングドットコムで予約をした後、ホテル側へ連絡し、予約状況を二重で確認すると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次